【YouTubeで勉強】学習教材「YouTube 」で学ぶことについて

テクノロジー

BUM-BUM hello YouTu—be!!

YouTubeってすごいですよね。

海外ではYouTubeはもう古いとされてる国があるそうですが、日本ではまだまだ一番有名な動画サイトです。

インターネットの文字ベースの記事では目の付きにくい情報がゴロゴロしていて、しかも有用な情報も多い。

最近では、数多くの有名人がYouTubeに参入してきてます。

ある講演家を呼んだら1講演50万もするのに、YouTubeでその方の動画が上がっています。

というか、上げてくれています。

そのとき、YouTubeすげえなって思いました。

YouTubeで勉強しよう

ところで、YouTubeで皆さんはなにを観ていますか?

おそらく、YouTuberを観るのが大多数ですよね(ここではチャンネル登録者数が多く、面白系、美容系等のコンテンツを上げている人を指します)。

僕も、YouTuber観ます。

一方で、YouTubeには大学の講義動画や、勉強解説動画、入試対策動画、セミナー動画、語学学習などの勉強になる動画も多く存在しています。

日本では慶応義塾大学、海外ではMITなどが、かなりオープンに講義動画を上げてくれています。

大学生のとき、講義の勉強をYouTubeで勉強していた同級生も結構いました。

つまり、YouTubeはエンターテインメントととらわれがちですが、使う人によってはYouTubeは「教材」そのものです。しかも、無料の(ただし、動画の中には無茶苦茶な内容のものがあるので、発信元に気を付ける必要があります)。

さらに、YouTubeは動画を上げる敷居が非常に低い特徴があり、正しい知識を持った教育指向の高いひとが、どんどんと動画を上げてくれます。

そういった意味で、YouTubeはかなり優秀です。

僕が大学生のころ、30%の学生しか単位を取れない、皆がビビる難関講義がありましたが、YouTubeを観ることでその年度の最高得点でパスしました。

YouTubeで勉強する時に気をつけること

僕としては、嘘の少ない、質の高い動画を観たいわけです。なので、大学名の記述があるなど、できるだけ公式な講義動画を観るようにしています。

怪しい動画は観ません。

一方で、人の考え方や哲学、自己啓発系を話している動画は、間違っている、合っているがそもそもないので、どんどん観て、自分の考えを深めていくのはかなりいいと思います。

YouTube では、自分がよく見るコンテンツをオススメされるので、ついついそればかり見がちです。

なので、僕はできるだけ新着のものをチェックするようにしています。

特に、今流行りのディープラーニング、機械学習系は非常に「はやい」ので、新着を見るのは欠かせません。

それと、勉強中についついおもしろYouTuberをみてしまわないように気をつけましょう。

まとめ

YouTubeは偉大ですね。知識の共有のスピードがとても速いです。

お母さんは、安易に「YouTubeばかり観てないで勉強しなさい!」と言わないように。

息子は、勉強しているかもしれませんので(笑)。

他の記事で、おすすめの勉強系YouTube動画を紹介できたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました