WordPressの入力フォームの値をphpに渡しました

プログラミング

「フォームにユーザーが入力した値をPHPで扱えるようにする方法」を紹介します.

ブログ(WordPress)でのphpやhtmlの記述には,Insert PHP Code Snippetというプラグインを用いました.

これを使うと記事にショートコードを貼るだけでphpなどが動くため,テーマのphpファイルを書き換えなくていいので安全で便利です.

Insert PHP Code Snippetの使い方に関しては,以下の記事が分かりやすいので参考にしてみてください.

PHPをスニペットとして登録し、ショートコードとして挿入する【Insert PHP Code Snippet】 | ちりつもプレス
投稿内でPHPコードを動かしたいというときはないでしょうか。 投稿や固定ページでPHPを実行するには、functions.phpにコードを記述しショートコードを作成する必要があります。 ですが、PHPコードがいくつもあるとfunctions.phpがゴチャゴチャしてしまい、管理も大変になってしまいます。 コードを管理す...

入力フォームの値をphpで受け取る

まず,Insert PHP Code Snippetで入力フォームのコードphpで値を受け取るコードを作ります.

入力フォーム(html)

<?php
?>
<form method="post" action="">
文字
<input type="text" name="moji" >
数値
<input type="text" name="num">
<input type="submit" value="送信">
</form>

※Insert PHP Code Snippetでは,php以外のコード(htmlやjavascript)を書くときにはphpではないことを表すために<?php ?>を明記しておかないとエラーになります.

値を受け取るコード(php)

<?php
$a = $_POST['moji'];
$b = $_POST['num'];
?>

あとは,作ったショートコードを記事の編集画面に貼るだけです.

これで,phpの a には入力フォームの moji が,b には num が渡されます.

例えばphp側のコードを

<?php
$a = $_POST['moji'];
$b = $_POST['num'];
 
$c = $b + 5;
print($a);
echo '<br>';
print($c);
?>

とすれば,num(= b )に10が入力されればphp側の c は15が入り,表示されます.

以下は,このページで実装した例です.

文字 数値

5

WordPressでの実装の仕方

Insert PHP Code Snippet(プラグイン)

記事編集画面(このページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました