音声・動画編集の第一歩!Windowsにffmpegをインストールする方法

プログラミング

商用利用可能で良さそうな音声編集ソフトが見つかりそうになかったので,Pythonなどで音声の編集をしたいと思いました.

プログラミングで音声編集をするには,何かと『ffmpeg』というやつが必要みたいなので,今回はWindowsにffmpegをインストールして使える状態にしたいと思います.

ffmpegとは,動画と音声を記録・変換・再生するためのフリーソフトウェアです(Wikipediaより).

ffmpegをWindowにインストールする方法

ffmpegをWindowsで使えるようにするには,以下の手続きが必要です.

1.ffmpegファイルをダウンロードする

2.ffpegに環境変数を通す

1.ffmpegファイルをダウンロードする

まず,ffmpegの公式ページのダウンロードページに行きます.

Download FFmpeg

このページの,Windowsのロゴマークをクリックして,下の『Windows EXE Files』のうちどちらかをクリックします.

私は上のgyan.devを選択したので,こちらで話を進めます.

以下のようなページに遷移すると思います.

このページの少し下の方に,ffmpgeの圧縮ファイルをダウンロードするリンクがあります.

私は,この画像にあるファイルをクリックしてダウンロードしました.

圧縮ファイルには,exe(実行)ファイルなどが入っています.

ダウンロードしたファイルを,適当な場所に保存します.適当な場所に保存したら,展開します.ダウンロードした圧縮ファイルを右クリックすると,以下のようになるかと思います.

解凍ソフトには色々あると思いますが,私は7-Zipを使いました.7-Zipを使う場合は,以下からダウンロードできます.

ダウンロード | 7-Zip

これを,好きな場所に展開しますが,私はCドライブの『Program File』というフォルダーの中に『ffmpeg』という名前で展開しました.

展開した保存したフォルダーを覗くと,binファイルがあることを確認しましょう.

このbinファイルに,環境変数を通すことになります.以下で説明します.

(もちろん,bin以外のファイルも削除してはいけませんよ!)

2.環境変数を通す

ここまで来たら,あとは環境変数を通すだけです.

Windowsの検索欄で「システム」と打つなどして,コントロールパネルのシステムを開きましょう.

次に,『システムの詳細設定』を開きます.すると以下のような画面が出ますので,『環境変数』のところをクリックします.

以下のように,『システム環境変数』のPathを選択した状態で,『編集』をクリックします.

最後に,ffmpegのbinのところまでのパスを書き込んでOKしたら終わりです.

以下は,私の場合です.自分が保存した場所を書き込みましょう.

パスを追加するには,『新規』から追加できます.

ffmpegのパスが通っているか確認する

最後に,ffmpegのパスが正しく通っているかを確認します.

コンソール(コマンドプロンプトとか)で,ffmpegとコマンド入力+Enterして,以下のようになればOKです.

インストールがうまくいっていなければ,コマンドプロンプトなら

‘ffmpeg’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

みたいになります.

コマンドプロンプトを起動しなおしたり,PCを再起動してうまくいく場合もありますが,それでうまくいかない場合は正しくパスが通っていなかったり,ファイルが正しくない可能性があります.

PythonのPydubで音声データを編集する

コメント

タイトルとURLをコピーしました