【自分探しの旅】なぜ未だに「やりたいことが見つからない」ひとは旅に出るのか?

「やりたいことが分からない」高校生、大学生(ときに大学院生)の皆さんこんにちは!

「自分探しの旅」に出ようとしているそこの君!!ちょっと待って!!

その「自分探しの旅」を有意義なものにするために、この記事を見てから出かけましょう。

今回は、この「自分探しの旅」、「やりたいことを見つける旅」について思うことを書いていきます。

一昔前、「自分探し」といえば「旅」だった

インターネットが普及する前の時代には、多くの大学生が「自分探しの旅」に出かけました。

「いろいろな世界を見て」、いろいろな人と出会い、自分を見つめなおし、やりたいことを見つけていきました。

まだ情報が少ない時代には、自ら足を運んで、その現地のひとや仕事、生き方を見るしかありませんでした。

インターネットができ始めた頃には、海外ではピッピーやバックパッカーが流行しました。

現在でも多くの大学生が旅に出る

現在では航空券の価格低下から海外との壁はなくなってきました。大学生でも昔以上に海外に足を運んでいます。

ぼくも旅好きなので、その旅の途中に多くの学生に出会ってきました。

その中には単純に旅行をしているひともいれば、まさに「自分探しの旅」の最中のひとも多かったです。

今回は、このいわゆる「やりたいことを見つけるため」「自分を探すため」に旅に出かけているひとに焦点を当てます。

「自分探しの旅」をしているひとは結局どうなるのか

「進路がなかなか決まらなくて…」

「世界を見ておきたくて…」

「やりたいことを見つける旅です」

と言って旅しているひとは多いです。

しかし、はっきり言って、彼らは旅行をしたいだけです。

いままで勉強しかしてこなかった大学生が、「やりたいことを見つけたい」と言って、旅に出るのはかなり愚かです。

なぜなら、いままで見たきた「自分探しの旅」をした学生のほとんどは、結局なにも見つからずただ旅行を楽しんだだけか、旅行関係の仕事がやりたいことと錯覚するだけだったからです。

もちろん、旅に出る前から旅行自体にかなり興味があって、本当に将来的にやっていきたいのかを確認するために旅にでたり、語学に興味があって、実際に海外に足を運んでみたいとかなら、よい旅だと思います。

しかし、例えば数学科の学生が何も考えず「やりたいことがわからないから自分探しの旅に出よう!!」と興味本位で旅に出たところでただ多少英語が話せるようになるくらいで、もしそこで「旅行って楽しいから旅行関係の仕事をしたい」と思ったとしたら、それは勘違いである可能性が非常に高いです。

やりたいことを見つけるという考えをもって旅にでたら、そりゃあ旅は楽しいですから、自分にとってそれが一番であると勘違いしてしまうケースが多いです。

このような学生を多く見てきました。

旅に出ることはよいこと

勘違いしてほしくないのが、旅に出るなと言っているわけではない、ということです。

いろいろな場所に行くことはよいことだと思っていますし、視野も広がるとは思います。

ただ、やりたいことを見つけるために出ても効果は少なく、危険だということです。

一方で、「やりたいことを確認しに行く」ならば、最高だと思います。

もちろん、ただ楽しみのために行ったり、留学にいくのも最高です。

なぜ未だに「自分探しの旅」に出るのか?

おそらく、ただ単に、昔から流行っていて、周りもやっているからでしょう。

ネットで「自分探し」や「やりたいことを見つける方法」と調べると「旅に出ろ」みたいな記事がいっぱい出てきますしね。

あとは、単純に旅行に出かけてみたいのでしょう。

では、やりたいことを見つけるにはどうしたらよいか

初めに言っときたいのですが、やりたいことはそんな簡単には見つからないし、なんなら一生見つからないし、しかし一方で、やりたいことは案外簡単に見つかり、それもいくつも見つかるものだと思っています。矛盾だらけですよね。気になる方はDMください(笑)。

しかし、論点がずれるのでここでは「やりたいことを見つけるために旅にでることより効果的なこと」を考えたいと思います。

いくつかありますが、おそらくこの記事を読んでいるひとは旅に出たくてしょうがないと思うので、結果的に旅にでる方向で行きたいと思います。

まず、すでに述べたように何も考えずただ漠然と旅にでても絶対やりたいことなんて見つかりません。なので、出発する前に「旅に出たらなにを見ようか、どんなひとに出会おうか」を明確にする必要があります。

それを決める方法は簡単です。インターネットです。

なんだ、そんなことかと思うかもしれませんが、インターネットがない時代では世界の情報を得るために旅に出かけたわけです。

現在では、先人たちが旅の記録や海外にはどんなものがあるかを残してくれており、その大体を知ることができます。

なんなら、旅にでなくても、インターネットでやりたいことを決めることさえできます。

旅で本当にやりたいことが見つかるひとは、すでにやりたいことが決まっていて、それを確認しに現地に出かけている場合が多いです。

画面の中(インターネット)を観ただけでは本気か分からない、それを確認するために行動しているケースですね。

現代において、情報0の状態からわざわざ足を運ぶのは実に効率が悪く、自己満足に終わります。

「本当にやりたいことを見つけるために」旅に出かけたいのならば、現代似合った方法で行いましょう。

まとめ

「旅の中で進路を決めようと思って…」って言ってる旅人は99%旅が終わっても進路に悩む

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました