VBAとは?Excel VBAの基本知識

Excel VBA

始めに

ここでは、VBAというプログラミング言語を、Excelを自動化するために学んでいきたいと思います。 

「VBAという単語だけ聞いたことがある」という方や、「マクロを作りたいけど、どうしていいかわからない」といった、初心者向けの記事を作っていきたいと思います。

今までVBAやマクロの話が出た時に、皆さんはどんな反応をしていたでしょうか。

ああ,プログラムだよね?

便利そうだよね~


こういった、ぼんやりとした受け答えをしていたのではないでしょうか。 少なくとも私はしていました。

不安を誘ってしまうかもしれませんが、筆者もこのVBAプログラムを勉強し始めたばかりです。

その分筆者にも、VBAへの漠然としたイメージや、話題が出ると妙にそわそわしてしまう気持ちがわかります。是非一緒にVBAを学び、

「VBAってこういうものだよ。そんなに難しいものではないよ。」と胸を張って言えるようになりましょう。

VBAとは

まずVBAの正式な名称は、『Visual Basic for Applications』です。

日本語に直訳すると、「アプリケーション用Visual Basic」ですね。

Visual Basicとはマイクロソフト社が開発したプログラム言語です。
つまり、ザックリ言うと以下になります。

VBAとはOfficeソフト用のプログラム言語

この解釈で大丈夫です。


※実際にはVBAの機能がついたソフトは他にもあります。豆知識程度に。

VBAはVBEというソフトで作ります。

VBEとは?

Visual Basic Editor の略です。VBAプログラム作成を、補助するためのソフトですね。

プログラム言語とは「言語」です。言語である以上は文法があります。

VBEは、文法が明らかに間違っていた場合に指摘してくれます。

Wordでも、明らかにおかしい日本語になっていた場合は、下線を引いて教えてくれますね。それと同じことをVBEはしてくれます。頼もしい味方です。

マクロとVBAの違い

よく混同され、人によっては解釈が違う場合もあるため、これはよく混乱を招くテーマです。単語の意味は以下になります。

マクロ → 自動化機能の総称

VBA → プログラミング言語の名称

マクロが欲しいからVBAで作る、ということですね。

マクロが目的で、VBAはマクロを作るための道具です。

ここをハッキリさせておくだけで、話題に出た時に整理がつけやすくなると思います。

今回のまとめ

  • VBAはOfficeソフト用のプログラム言語
  • VBAはVBE上で作る
  • マクロは自動化機能の総称


次回は、マクロとはどういったものか、をご説明したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました