VS codeのUIで仮想環境を開いてDocker開発を快適にする方法

プログラミング

WindowsでDockerを使う場合はDocker Desktopを使用するひとが多いと思いますが、いくつかの理由でWindowsに仮想環境を立ててDockerを使いたいときがあります。

そこで以前、WSL(Windows Subsystem for Linux)でUbuntuを動かし,その上でDockerを動かす手順を紹介しました。

しかし、この記事のままだと、以下の画像のようにUbuntuターミナル(コマンドを入力する黒い画面)でファイルを作ったり、ソースコードを書くはめになってしまいます。

Ubuntuディストリビューション(ターミナル)

Linuxコマンドを無理なく使えるひとならmkdirやtouchでディレクトリ、ファイルを作り、vimなどでソースコードを書けばいいですが、個人的にはそれはちょっと嫌です。

そこで今回は、仮想環境(WSL)をVScode(Visual Studio Code)上で開くことで、もっと楽に開発をする方法を紹介します。

VScodeでWSLを開く

基本的には、以下を参考にすればよいです。

wsl で VS Code の使用を開始する
Linux 用 Windows サブシステムを使用してコードを作成およびデバッグするための VS Code を設定する方法について説明します。

方法1:コマンドラインから開く

まず、使いたい仮想環境のターミナルを開きます。私の場合、Ubuntuディストリビューションを開きます。

開きたいディレクトリに移動してから、以下を実行します。

$ code .

これだけで、VScodeで仮想環境を開くことができます。

ディレクトリdocker-testで「code .」によりVScodeで仮想環境を開いた場合。

ここで、VScodeの方法でファイルを作たり、ファイルにソースコードを書いたりできますね。

方法2:VScodeから開く

VScodeを開き、拡張機能「Remote-WSL」をインストールします。

次に、VScodeの左下の『><』をクリックするか、「Shift+Ctrl+P」を押して「Remote: Show Remote Menu」を選択します。

続けて、「New WSL Window」を選択します。

すると、新しいウィンドウでWSLが開きます(ターミナルは上のメニューから開く必要があるかもしれません)。

「Open Folder」から開発するフォルダを開きます。

これで開発環境が整いました。

もしくは、「Shift+Ctrl+P」→「Remote: Show Remote Menu」→「Open Folder in WSL…」を選択しても開けます。

ファイルを選択。

同じように開けます。

正直、方法1の方が簡単だと思いますが、方法1だと余計なファイルが生成してそうである一方、方法2ではVScodeの拡張機能にそれを吸収してる感じだと思います(個人的には、方法2を使っていこうかなと思っています)。

どちらの方法を使うかは、お好みでって感じですね。

VScodeのターミナルでDockerを起動すると、問題なく動作しました。

しかも、Docker Desktopよりもはるかに速くDockerを起動できる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました