VBAでセル値の和を書き込む【Range, Cells】

Excel VBA

VBAで便利な計算マクロを作成するには,演算機能を使いこなす必要があります.

とはいえ,難しい演算を知らなくても,基本的な演算(四則演算,Forループ,条件分岐など)さえ知っておけば,それらの組み合わせで複雑なマクロも作成することができます.そのため,いくつかの基本演算を知っておく必要があります.

ここでは,基本的な表計算操作のうち,セルに数字を書き込んだり,その値を使って演算し,セルに書きこむ方法を紹介します.

超基本

セルの数字に1を足したものを別のセルに書く

Sub sum()
    Range("A1").Value = 100
    Range("B1").Value = Range("A1").Value + 1
End Sub

実行結果

100101

RangeではなくCellsを用いて以下のようにも書けます.

Sub sum2()
    Cells(1, 1).Value = 100 ''A1に10を代入
    Cells(1, 2).Value = Cells(1, 1).Value + 1 ''B1にA1+1を代入
End Sub

実行結果

100101

このようにCellsを用いると,Forループなどが書きやすいです.

Forループを用いて隣のセルに1を足した数を書き込む

Sub sum3()
    Cells(1, 1).Value = 100 ''A1に10を代入
    For i = 2 To 5
        Cells(1, i).Value = Cells(1, i - 1).Value + 1 ''隣のセルに1を足したものを代入
    Next
End Sub

実行結果

100101102103104

これらの基本ができれば,足し算を掛け算に変えたり,セルの範囲を変えたりすることで,色々なことができます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました