大学生にUSBメモリは必須!USBメモリの必要容量とおすすめ

テクノロジー
大学1年生
大学1年生

わーい!大学生になってパソコンを買ったぞ~!!

では,USBメモリも買っておきましょうね!

大学一年生
大学一年生

USBメモリ?何それ?

USBメモリは,データを保存するものです.

大学生としてパソコンを使うなら,USBメモリは必須ですよ!

今回はUSBメモリの説明と,なぜUSBメモリが必要なのか大学生にはどれくらいの性能のUSBメモリが必要なのかを解説します!

USBメモリとは

USBメモリとは,データを保存しておくものです.一般的には,以下のような形をしています.

USBメモリのイラスト

これをパソコンのUSB端子に挿して使います.USB端子は,四角い穴です.

これをパソコンにつなげることで,パソコンに入っているデータをUSBメモリに移動させたり,USBメモリに入っているデータをパソコンに移動させたりできます.

USBメモリはデータ保存としての役割もありますが,データを移動させる用途で使われることが多いです.

例えば,自分のパソコンで作った資料をUSBメモリに移し,そのUSBメモリを使って友達のパソコンで資料を見ると,自分のパソコン→友達のパソコンとデータを移動させていることになります.

最近ではクラウドでデータを共有できるのでUSBメモリで物理的にデータを移動させることは少なくなってきていますが,まだまだUSBメモリがないと困ることも多いです.

USBメモリはデータを保存・移動するときに使う

どんなときに大学生はUSBメモリを使うのか

大学一年生
大学一年生

どんなときにUSBメモリを使うの?

大学でUSBメモリを使う場面はたくさんありますよ!

USBメモリの用途

・大学の授業でプレゼン発表をするとき

・友達にデータを渡す

・データのバックアップをとる

・コピー機を使うとき

大学の授業でプレゼン発表をするとき

大学の授業では,自分で調べたことなどをパソコンを使って発表することがあります.

パソコンを持参していい場合もありますが,大学のパソコンを使うことになっている場合は,USBメモリにプレゼン資料を保存して持っていきます.

そのUSBメモリを大学のパソコンに挿して,プレゼンをします.

また,プログラミングの授業があるひとはプログラミングしたコードのファイルを保存して色々なパソコンで使ったりします.

友達にデータを渡す

パソコン間でデータをやり取りするとき,USBを使うことは多いです.

最近ではGoogleドライブなど,インターネット経由でデータをやり取りすることも多いですが,セキュリティの面だけを考えればUSBメモリのような物理的なものの方が良い場合があります.

データのバックアップをとる

例えばパソコンを買い替えるときなどにデータをパソコン以外で保存しておきたい時があります.

そんな時,Googleドライブのようなクラウドでは容量が足りない場合があるので,USBメモリに保存したりします.

コピー機を使うとき

デスクトップパソコンなど,直接コピー機に接続できない場合があります.そんなときに,USBメモリ経由でコピーしたりします.

大学一年生
大学一年生

こんなに使うときがあるのか…たしかにUSBメモリは持っておいた方がいいですね…

どれくらいの容量のUSBを買えばいいの?

USBメモリを買おうと思うけど,たくさん容量の種類があってどれを買えばいいか分からない!16GBとか32GBとか…どれを買えばいいの?

容量は十分大きければそれでよく,最近は容量が大きくても価格はそれほど高くないのですが,一応,大体の必要な容量を知っておきましょう.

結論から言うと,とりあえず大学生活用として使うのであれば8GBくらいのUSBメモリで十分だと思います.

大学生に必要なUSBメモリ容量:8GBくらいで十分

ただし,映像や音声などをたくさん使うような授業があると分かっている場合は,念のために16GBや32GB,64GBなどの大きな容量のUSBメモリを買っておくとよいでしょう.

8GBのUSBメモリなら,Amazonで数百円~1,000円程度で買うことができます.

8GB ↓

大学用なら4GBでも十分ですが,8GBとあまり値段は変わらないと思うので,8GB以上のものを買っておくと良いでしょう.もっと大きい16GBや32GBでも,それほど高くはありません.こちらも,数百円~1,000円程度で購入できます.

16GB ↓

32GB ↓

しかも,普通の大学生なら一度買ったらしばらくは買い直すことはないと思います.1つのUSBメモリを卒業まで使うひとがほとんどでしょう.

なぜこの容量なのかは以降で詳しく説明しますが,興味がない人は読まなくても大丈夫です( ´∀` )

データ(ファイル)の種類によって容量が違う

どれくらの容量が必要か考えるために,使うデータの容量について簡単に説明しますね!

データの種類によって容量は違います.例えば,テキストファイルよりも画像ファイル,画像ファイルよりも動画ファイルの方が大きな容量になります.

そこで,大学生が良く使うデータの種類を紹介します.細かく見る必要はないので,なんとなくふ~んくらいで見てください.

データの単位については,下で説明しています.

大学生がよく使うファイル

パワーポイント プレゼンのときに使う.10ページで1~2MBくらい.

ワード 文章やレポートを書くときに使う.1ページで15KBくらい.

エクセル 表計算ソフト.15KBくらい.

PDFファイル 文字、図形、表などを紙に印刷するようにレイアウト(配置)したもの.例えばワード1ページをPDFにすると500KBくらい.

画像ファイル 絵とか写真.50KB~3MBくらい.

動画ファイル 再生環境などによって容量が大きく異なる.目安は1分の動画で50~100MB.

データ容量の単位は,以下のようになっています.

容量の単位

1KB = 1000 B

1MB = 1000000 B

1GB = 1000000000 B

1TB = 1000000000000 B

例えば,プレゼン資料として10ページのパワーポイントを作ったら1MBくらい,ワードで10ページのレポートを作ったら150KB(=0.15MB)くらいになるので,同じページ数だとパワーポイントの方が7倍くらい容量が大きいことになります.

これらから,授業で使う資料を大雑把に見積もることで必要なデータ容量を概算することができます.

大学の1つの科目は半年間で15コマあります.どこの大学も4年間で大体50科目くらいの授業を受けるので,大学生は4年間で15×50=750回くらいの授業を受けることになります.

毎回レポート課題を提出する授業もあれば,最後だけレポートを提出する授業などもあり様々なので,大体5回に1回の確率で課題を出すとしましょう.つまり,750÷5=150回課題を提出することになります.

課題の提出方法はワード,パワーポイント,エクセル,もしくはそれらをPDF化したものなど,いくつか考えられますが,3ページの課題で大体50KB~1MBなので,多めに見積もって1MBとしましょう.

そうすると,大学4年間で大体150回×1MB=150MBのデータを作ることになります.

大雑把な計算ですし,昔の古いデータは消していって必要容量が少なくて済む人もいれば動画ファイルを大量に必要とする人もいるので,実際には人によって違いが出るかもしれませんが,一般的なレポートを提出する場合は1GB(=1000MB)もあれば大丈夫だということがわかります.

なので,余裕をもって8GBや16GBのUSBメモリを持っておけばOKです.

4GBでも十分な気もしますが,8GBのものとそこまで価格に差はないので,8GB以上のUSBメモリを買うことをおすすめします.

さらに容量が大きいものでも価格はそこまで高くなく,256GBのUSBメモリでも2000円~3000円程度で買うことができます.

256GB ↓

よくわからないひとや心配性なひとは,256GBのものを買ってしまってもよいですが,256GBというと,一般的なノートパソコンと同じくらいの容量あり,個人的にはかなり大きいと思います.

ちなみに最近だと,1GB以下のUSBメモリはほとんど売っていないと思います.

クラウドも使いこなそう

記事中でも何度か触れましたが,最近はクラウド(インターネット経由で接続できるサーバー)にデータを保存したり,やり取りすることも多いです.

クラウドの例としては,Google DriveなどのGoogle系,One DriveなどのMicrosoft系,Dropboxなどがあり,一定の容量までなら無料で利用することができます.

クラウドを使うと人の移動なしにデータをやりとりでき非常に便利なので,使ってみることをおすすめします.

というか,若者にとってはUSBメモリよりもクラウドの方がなじみがあるかもしれませんね.

ただし,無料で使える容量はGoogle Driveなら1アカウントにつき15GB,One Driveなら5GBまでなので,やはりUSBメモリをもっておいた方が何かと便利でしょう.

もしプリンター,ノートPCを買おうと思っている学生さんは,こちら ↓ の記事もぜひご覧ください!

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で多数の映画見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

テクノロジー 大学
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました