【学生でも投資】楽天証券でつみたてNISAを利用する方法・手順【始め方】

お金の勉強

そろそろ、つみたてNISAを始めようと思っている人も多いと思います。

最近では、学生の中にも、つみたてNISAのような投資信託を行っている人は結構います。

特に最近は新型ウイルスによる影響で株価が下がっているので、チャンスと思って始める人もいるかもしれません。

今回は、楽天証券でつみたてNISAを行う方法・手順を説明します。

大まかな手順

①楽天証券でつみたてNISAの口座を開設する

②月々の積み立て金額を決める

③商品(投資対象)を選ぶ

④購入する

楽天証券で口座を開設する

ネット証券としてSBI証券も人気ですが、私は楽天ポイントの観点から、楽天証券を使っています。

以下のリンクから、楽天証券のつみたてNISA開設のページに行けます。

つみたてNISA(積立NISA)| NISA(ニーサ):少額投資非課税制度 | 楽天証券
楽天証券のつみたてNISA(積立ニーサ)なら、節税しながらポイントも貯まるのでダブルでおトク!最低100円から積立できるので、投資が初めての方にもオススメです。投資信託の取扱い本数120本以上!楽天証券のつみたてNISAはこちら

ここで一般NISAとつみたてNISAの違いや、つみたてNISAのメリット、デメリットなども解説しているので、参考に知ってみてください。

また、つみたてNISAのシミュレーション(どれくらいの期間、どれくらいの額を投資したら、どれくらい増えるのか)もネット上で行えるので、「つみたてNISA シミュレーション」とかで調べてみてください。

楽天証券で口座を開設する方法は、上のリンクから飛べる手順に沿って進めれば大丈夫です。そんなに難しくないと思います。

月々の積み立て金額を決める

次に、毎月のつみたて金額を決めましょう。

つみたてNISAの場合、一年間で最大40万円しか投資できないので、月々の最大額は約3万3千円となります(33,333円×12か月=約40万円)。

無理のないように、毎月の積み立て金額を決めましょう。私の場合、月々1万円です。

ちなみに楽天証券の場合、いつでも設定金額は変更可能で、いつでも引き出せます。

商品(投資対象)を選ぶ

基本的には、つみたてNISAにおいては、国が厳選した優良な投資信託のみを扱っているため、選びやすいと思います。

楽天証券には、初心者におすすめなパッケージもあるので、よく分からなかったら、そちらを購入するとよいかと思います。

購入する

口座を開設したら、実際にファンドを購入しましょう。

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天スーパーポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!

楽天証券にログインし、右上の「NISA つみたてNISA」をクリックします。

次に、「ファンドを探す」をクリック。

その後、以下の画面から、ファンドを選んでいきます。ファンドが決まっていたり、一つ一つ見たい人は左、特にこだわりがない人は、右から進めていくとよいでしょう。

ファンドが決まったら、積み立て注文をしましょう。

「楽天カードクレジット決済」がおすすめです。投資をするだけで、その額分のポイントが付きます。

これで終了です。

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

お金の勉強
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました