利回り10%!つみたてNISAで1年運用して増えた金額を発表!

お金の勉強

2019年9月から,つみたてNISAを始めて,1年間経ちました.

これからつみたてNISAを始めようと考えているひとは多いと思うので,参考までに,私の運用結果を発表します!

つみたてNISAは『低リスクの長期型投資信託』であり,扱っている商品も良いものばかりなので人気な投資ですが,元金は保証されていないので,損することもあり得るということは理解しておきましょう.

私の運用ステータスは,以下の通りです.

運用ステータス

運用期間:1年

運用額:月々1万円(総運用額:10万円※)

銘柄(商品):楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

分配金:再投資

※)正確な運用期間は2019年9月~2020年8月現在(11か月)であり,投資額は月々1万円です.実は最後の3か月だけ投資額を5千円にしましたが,だいたい,月々1万円だと思ってもらえばOKです.

銘柄は当然インデックス・ファンドで,人気上位の楽天・全米株式インデックス・ファンドを選びました.

いくつかの銘柄に分散するひとも多いかと思いますが,私はこれ一本です.

とはいえ,コロナの影響もあって米式は雲行きが微妙なので,今後は新興国ファンドとかに分散するかもしれません.

運用結果

約1年間運用した結果,評価損益は10,200円でした.

投資総額が約10万円なので,約10%のリターンですね.ここまではかなり上出来です.

10%の利益が取れる投資なんでほとんどないですからね.

コロナの影響は?

2020年2月ごろからコロナウイルスの影響があって,特にアメリカはまずそうだぞ…という流れになったのですが,日本株も米式株も,(平均的には)一時的には下がったものの,すぐに戻る株がほとんどで,現在では株価はそこまで落ち込んでいません(もちろん,旅行系企業などは大幅に下がりましたが…).

なので,私が投資しているインデックス・ファンドも,一時的に下がったものの,最終的にはこの評価損益になっています.

とはいえ,これからが本番で,色々な株が下がっていくとは思うので,注意が必要です.

とはいっても,つみたてNISAはやめる必要はあまりないと思うので,このまま続けます(投資法は多少変えるかもしれません).

なぜ,つみたてNISAをやめないかは,以下の記事をご覧ください.

米式株は微妙

先ほど「アメリカ株もそこまで下がらなかった」と言いましたが,それはあくまで平均的な話です.

アメリカ株の中でも強いのはGAFAやマイクロソフトなどのITに強く関係した企業で,コロナ禍でも株価は上昇しています.

逆に言えば,それ以外の株は大幅に下がったり,何とか耐えていたりする状況です.

私はつみたてNISAとは別に米式株も少し買っており,マイクロソフトとZOOMの株を持っているのですが,どちらの株もここ数か月は上昇率があまりよくありません.

これから,下がってしまうかもしれない,微妙なラインです.

この2つの株はたぶんましな方で,他の米式株は今買うのは危ない気がします(ただし,やはりAmazonやApple,Googleの株は強いです).

個別で米式株を買うならGAFAかマイクロソフト,Netflixあたりですが,今は何も考えず,インデックス・ファンドに投資しておいた方が無難だと思います.

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

お金の勉強
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました