『トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術』を読んだよ。【レビュー】

BOOK

今回は、トヨタ『トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術』という本の紹介をしたいと思います!

この本は、ページ数も多くなく、章の一つ一つが短く細切れにされているので、とても読みやすいです。

この本は、学生、もしくは若い社会人におすすめしたいです。

この本を読んだレビューのまとめは、ざっくり言うと以下のような感じです!!

レビューまとめ

・社会人として基本的なことが分りやすくまとめられていた

・物事を整理する力、媒体を通して人とコミュニケーションをとる力を学べる。結果として、仕事の効率化が図れる。

・結局、伝える力が大事

・トヨタでの働き方が少しだけ見える

・短い時間で読める

この本の特徴

この本の最大の特徴は、トヨタの元社員によって、トヨタ流仕事術が書かれていることです!

この本は、トヨタの元社員の方によって執筆されています。

トヨタ(トヨタ自動車)と言ったら企業としては『超優秀』であることは言わずもがなですが、

トヨタのシステム、つまりトヨタでの働き方はよく考えられたものであることも有名です。

そこで働くトヨタの社員もまた、優秀なわけですが、この本ではトヨタの風習である『紙一枚にまとめる』ことについてわかりやすく述べられています。

「(´・∀・`)ヘー、トヨタにはそんな風習があるんだ~」

と、新鮮で、得した気分になりました。

この『紙一枚にまとめる』ことの重要さは、この本を読めばわかります。

この本から学べること

この本を読んで学べることは、ズバリ!

まとめる力!!

です。

このまとめる力によって、

業務効率の向上

伝える力(説明力)

提案力

などが付きます。

どの力も社会人として大切だとは思いますが、とは言っても、意外と難しいですよね。

これらの力を身に付けるために、この本はあります。

筆者は、ある方法を取り入れる前は多くの残業をし、家族との時間を作れなかったようですが、その方法(思考法)によって、残業時間が大幅に減ったそうです!!

どのようにこれらの力をつけていくかは、ネタバレになってしまうのでここでは書きませんが、シンプルでかつ理想的である、ということだけ言っておきます。

本の感想

本の感想としては、簡単にいうと、2点あります。

・正直、新しいことを学べるわけではない

・自分が気を付けなければならないと考えている点を、この本は文字にしてくれている

これらについて、述べていきたいと思います。

まず、正直、目新しい、画期的なことは書いてありませんでした。書いてあることは、社会人に必要な、まとめる力や、業務の効率化、レポートなどの媒体でどのようにうまく伝えるか、などでした。

正直、「そんなのわかってるよ!」と思ってしまう人もいるかと思います。

しかし、これらが大切なのはみんながヒシヒシと感じていることで、そして、

わかっていても意外とできないこと

です。

大学や会社で、「わかりやすくまとめてくれ」とか「紙一枚にまとめてくれ」、「結局、何が言いたいの?」と言われるものの、それに答えるのは大人でも案外難しく、また、それを考えるのに多大な時間をかけてしまい、仕事が進まないひとも多いはず。

この本は、みんなが「分っているつもり」もしくは「わかってはいるけどどうしたらよいかわからない」ことに答えてくれます。

この本を読み終わったときの感想は、

「結局、自分は分かっていなかった…。自分が思っていることを形にしていこう…!」

でした。

こんなひとにおすすめ!!

この本は、ぜひ

・うまく考えを整理して、まとまった考えを伝えたい大学生

・自分の効率の悪さに悩んでいる人

・仕事を効率化して、好きなことをする時間を作りたい社会人

・元トヨタ社員の考えを取り入れたい人

に読んでほしいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました