慶應・早稲田 vs 地方旧帝大 結局どっちがいいの?比べてみた。

大学

※あくまで僕の見解の記事です。

みなさんこんにちは。

今回は、いわゆる日本の超有名私立大学である慶応義塾大学、早稲田大学と、国立大学の最高ランクである旧帝大の比較です。

とはいえ、さすがに東大や京大と早稲田・慶応はほとんどの人が東大・京大の方が(色んな意味で)良いと答えると思うので、

今回は、東大と京大を除いた旧帝大(阪大、名大、九大、東北大、北大)と慶応・早稲田をあらゆる面から比べてみたいと思います。

結論は、こんな感じです。

・ブランド力は圧倒的に慶應・早稲田 ブランド力を見越して優秀な人も行く場合も

・学力的には圧倒的に旧帝大

・旧帝大の真面目比率は8:2くらい、早慶は5:5くらい

・就活の観点で、コミュ力がないなら旧帝大行くとよい

・モテる種類が違う。

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

ブランド力

一口にブランド力といっても様々ですが、おそらく皆さんが想像しているブランド力という意味では、圧倒的に早慶です。

つまり、早慶の方が圧倒的に有名です。

受験勉強を頑張ったある程度の高学歴の人や、理系の人ならば旧帝大はご存知だと思いますが、そうでない人は、地元の旧帝大以外は分からないこともしばしば。

旧帝大の学生からしたら、少しショックですよね。

でも、『ブランド』としてはやはり早慶の方が上なのが現実です…

学力

学力は、旧帝大の方が一般的には上です。

旧帝大の滑り止めとして早慶を受ける人が多く、その逆は見たことがありません。

とはいえ、入学時点ではそこまでの差はないと思います。どちらかというと、入学後に差が開く感じです(笑)。

学力は確かに旧帝大が上ですが、上で述べたブランド力を見越して、学力以上にメリットを感じ、あえて早慶に進学するひともいます。

学力があるからと言って優秀であるとは限らず、旧帝大にも、早慶にもそれぞれ違った優秀な人がいます。

真面目度

どちらが真面目か?と聞かれたら、旧帝大と答える人が多いと思います。それは、おそらく、早慶がチャラいイメージだからではないでしょうか(特に慶応)?

確かに、人数的にはその通りだと思います。

しかし、旧帝大にもチャラい、かつ不真面目なひともいますし、

反対に、早慶にもそれなりに真面目な学生はいます。

割合としては、 旧帝大の真面目比率は8:2くらい、早慶は5:5くらいだと思います。

早慶がチャラいイメージがるのは、一部、メディアの影響もあるのです。本当に早慶にチャラいひとが多いか気になる人は、直接大学へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

就職

就職に関しては、どちらも良いと思います。

しかし、旧帝大ではその地元での就職に強く、早慶では関東での就職に強いイメージがあり、結構その通りだと思います。

また、『就職の強さ』にもそれぞれ特色があります。

正直、聞いた話になりますが、早慶では財閥色があるところもあり、いわゆる『コネ』が効いてくる部分があるようです。財閥でなくても、先輩が幅を利かした業界もあるのは事実です。

コネを使うためには、コミュニケーション能力が必要だったり、運が必要なので、そういった人には早慶はあっているかもしれないです。

反対に、コミュニケーション能力が乏しいと自覚しているひとは、旧帝大に行って手堅く就活したほうが良いでしょう。

まあ、大学に入ってからコミュニケーション能力は鍛えられますので、どっちでもいいっすね。

モテ度

※男子目線です。

おそらく、モテるのはどっち?と聞かれたら、早慶と答える人が多いと思います。

しかし、これも半分正解で、半分不正解だと思います。

確かに早慶はモテそうですが、旧帝大の学生も真面目な女子にモテます(人によっては)。

つまり、どんな人にモテるのか?の種類が違うというわけです。

ど偏見なことを言いますが、早慶はアホそうな女子にモテそうで、旧帝大は真面目そうな女子にモテそうですね。まあ、学歴で判断するようなひとはどちらにしろアホですが…

結局、どっちがいいの?

どっちがいいとかはありません。

モテたいなら早慶へ行こう!!

学問を頑張りたいなら旧帝大に行こう!

ブランド力を活かして活動したいなら、早慶へ行こう!

地元の有名メーカーに就職したいなら、旧帝大に行こう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました