応用情報技術者試験の自己採点!一発合格なりませんでした!

情報

以前、応用情報技術者試験の合格を目指す!と宣言しました。

10月20日の秋学期の応用情報技術者試験を受けてきました。

正式な発表は2か月後くらいになるみたいなので、 解答速報サイトを見ながら自己採点しました。

応用情報技術者試験は午前(選択式)と午後(記述式)に分かれており、午前と午後の両方で6割以上正解できると合格となります。

結果

午前(選択式): 38/80 (正答率4.8割

午後(記述式): 正答率7割くらい

※午後の記述に関しては、正確な配点は分からないので、だいたいの自己採点です(ただし、そこそこ厳しめに付けている)。

…ということで、午前の点数が6割以上でないため、間違いないく不合格です!!

勉強期間(時間)と勉強の仕方

勉強期間(時間)

試験を受けると決めたのが7月の終わりなので勉強期間は2カ月半…と言いたいところですが、実際には1カ月半くらいしかできませんでした。日や週によって勉強時間はバラバラですが、だいたい一日30分~1時間くらいだったと思うので、勉強時間は全部で30時間くらいですかね。

勉強の仕方

不合格なのでこれが参考になるかは分かりませんが、僕は以下の参考書を全体的に2周くらい読みました(以下はH31春学期のものなので、もし買う人がいたら最新のものを購入してください)。

この本はかなり良かったです。試験に出題されたほとんどの問題がこの本に書いてありました(僕は単純に覚えきれなかった)。

あと、応用情報技術者試験の過去問道場https://www.ap-siken.com/apkakomon.php )でひたすら過去問を解きました。試験には、まるっきり同じ問題もいくつか出ましたので、やっておいてよかったです。

ただし、午後の試験の過去問は一切やってません。

試験の感想と反省

結果は5割、7割と惜しかったと思います。試験を受ける3日前くらいには「全然勉強してないし、こりゃ受からんわ…」と思っていたので、その割には意外といい線行ったと思います。

試験の感想としては、ぶっちゃけ、思ったより難しくなかったなあ…ってことですね(落ちたのに何言ってんだ)。

過去問と似たような問題ばかりだったし、その場で考えれば2択くらいには簡単に絞れる問題もありました。

ただし、あまりにも僕は勉強しなさすぎた。

とくに、知識を問う問題がさっぱりできなかった。午後の問題はその場で何とかなる問題が多かったので何とかなりましたが、午前の選択問題では知識が足りていない勉強不足の僕には厳しかった(それでも5割程度取れたので、奇跡的)。

逆に言えば、参考書に書いてある内容をゴリゴリ暗記する時間さえ取れれば、受かる気がします。

試験に関して、応用情報技術者試験では、問題を解き終わったら退出していいという制度があったので、午前の選択式試験では解き終わったらすぐに退出して午後に備えました。初めての試験だったので、時間ぎりぎりまで考えるべきだったかな…?

当たり前のことを言いますが、やはり勉強しないと資格は取れませんね。

またチャレンジしたいと思いますが、次の春学期の試験の時期はいろいろと立て込むので、もっと勉強する時間が取れないと思うので、来年の秋学期の試験で受験したいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました