国立大学物理学科首席卒業が読んだ初学者におすすめの物理の参考書

大学

これから大学で物理を学ぼうとする人は,必ず参考書を買うことになります.

授業で指定された参考書は良いものが多いですが,物理の全体像を理解するのに一つの本では難しいです.

なので,ほとんどの物理学を学ぶ学生は指定教科書とは別に,自分で勉強する用の本を買います.

とはいえ,膨大な物理本の中から良い本を見つけるのはなかなか難しいため,この記事で科目ごとに本を紹介します.

本を紹介する物理科目

・力学

・電磁気学

・量子力学

・統計力学

※光学・流体力学・大学数学(解析力学・線形代数・物理数学など)などもありますが,ピンとくる本が思いつかなかったため,上に挙げたもののみを紹介します.

僕は大学4年間物理学を学び,地方国立大学を首席で卒業しました.

以降で紹介する本は,僕が学部時代に読んだ参考書です.

もちろん,紹介する本以外にも読んだ本はたくさんありますが,ここでは記憶が鮮明なものだけ紹介します(ただし,大学指定のものは除く).

紹介する本は物理学初心者向けですので,かなり物理を学んできている人には,退屈な内容かもしれません.

ただし,初学者にとっては良い本ばかりです.僕も学部初めの頃に読んだ本です.

買う前に図書館に行くのがおすすめ

この記事で紹介したものを購入しても良いですが,その前に大学の図書館に行って,同じものを見たり,似たような本をパラパラと見てみたほうが良いです

なぜなら,学術書は高価なので,たくさんは買えないですし,また,参考書は人によって合う合わないがあります.

ですから,まずは中身を軽く読んで,良さそうな本をネットや本屋で買うのが良いでしょう.

力学

マセマ 力学キャンパスゼミ

理系大学生なら,ほとんどの人がこのシリーズを見たことがあるのではないでしょうか.

この本は学生に人気で,大学によっては指定参考書にしている講義もあります.

このマセマシリーズは力学だけでなく,大学数学,物理学や経済学など,たくさんの科目がありますが,僕がマセマを使ったのは力学だけです.

マセマはかなり分かりやすく書いてあり,読者へのストレスが少ない本ですが,

取り扱っている範囲は少なく,深入りしている本ではないため,これだけでは科目の理解に対して不十分な気がします.

そのため,一部の物理学教員からは嫌われている本もあります.僕も,マセマだけで全科目を勉強するのはおすすめしません.

とはいえ,大学1,2年生の講義の単位を取るくらいには良い本なので,とりあえず読んでみると良いかと思います.

演習力学

力学は演習問題を通して理解が深まると思ったので,この本を紹介しておきます.

特にこれといった特徴はなく,ただの演習問題集ですが,古いが良い問題もあり,良い問題がまとまっていると思います.

学部のテストの勉強のために使っていました.

マセマでも力学演習がありますが,僕は使ったことはないです.マセマ力学にも例題はついているので,マセマで勉強する分にはそれで十分な気もします.

電磁気学

電磁気学Ⅰ電場と磁場(物理入門コース3)

この物理入門コースのシリーズも,物理系のひとにはおなじみだと思います.ほとんどの大学図書館にあるでしょう.

僕が初めに読んだ電磁気学の本はコレでした.マセマほど簡潔に書いてあるわけではなく,文章のデザインもよくある感じですが,内容がしっかりした,良い参考書です.

これだけで,書いてある範囲の電磁気学はおおよそ理解できると思います.

この物理入門コースのシリーズだけで全科目勉強しても良いかもしれません.

基礎物理学コースⅡ

こちらも,電磁気学の基本がさらえますが,上のものより,初学者向けだと思います.

この本は前半が電磁気学,後半が量子論の基礎です.

量子力学の本としては内容が薄いので,量子論の部分はおまけととらえ,他の量子力学の本を買った方が良いと思います.

ちなみに電磁気学といえば,以下の理論電磁気学が有名ですが,電磁気学初心者が読むにはかなり難しいです.

こういった本があるということだけ覚えておき,理解が深まったら挑んでみると良いかもしれません.

↑初学者にはおすすめしない(難しすぎる)

量子力学

量子力学1(講談社基礎物理学シリーズ)

量子力学を独学しようとしたときに,読んだ本です.

簡単すぎないうえに,かなり読みやすい本でした.このシリーズの中でも,量子力学編が一番お気に入りです.

ただし,本筋とは少しずれた話題も入っていたので,講義の内容と完全にマッチするかは分かりません.

なので,量子力学の大筋を理解してから読むのが良いかもしれません.少し広い視点から量子力学に入りたい人におすすめです.

量子力学の大筋を理解するには,例えば以下の本を読むと良いでしょう.

この本も昔からある有名な本なので,大学の図書館にある可能性は高いです.

統計力学

ゼロから学ぶ統計力学

この『ゼロから学ぶシリーズ』は統計力学で初めて読みましたが,めちゃくちゃ面白かったです.

統計力学の知識0で読み始めましたが,統計力学の大筋をつかむことができました.

初学者が入りやすように,他の統計力学の本とは少し違うアプローチで書いてありますが,この本を読み切れば,他の本も読みやすくなっていると思います.

会話形式で分かりやすい本であり,本当の初学者には最高の本だと思いますが,ざっくりで伝えてくる個所もあるので,真面目な堅い,きっちりした定義をする本を期待する人には向かないです.

最後に

ここで紹介した本は初心者向けの本なので,分かりやすく,簡単に書いてあります.

ただ,きちんとした物理学の理解,もっと幅広い視点からの理解をするには,これらの本だけでは全然足りません.

今回紹介したレベルの本が簡単に思えてきたら,もっと難しい本を読んで,物理学に対する理解を深めましょう.

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

大学 物理学
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました