JavaScriptの練習をしてみた【基本文法:コメントアウト編】

JavaScript

コメントアウトとは,ソースコードの中に説明文を書くものです.

コメントアウトされた部分は,ソースコードの実行には影響しないため,「邪魔しないメモ」のような扱いになります.

コメントアウトを用いてソースコードの中にメモを書いておくと自分で見ても分かりやすいですし,他の人と一緒にソースコードを書くときにはコミュニケーションの方法になります.

使用する言語のコメントアウト方法は,一番初めに把握しておくべきものの一つですね.

ということで,今回はJavaScriptにおけるコメントアウトについて学習します.

コメントの書き方

プログラム言語によってコメントの書き方が違うので,面倒ですよね.

JavaScriptでは,以下のようにソースコードにコメントを書きます.

1行のコメント

コメントアウトするには,スラッシュ「/」を2つ続けて並べます.

// このようにコメントを書く

ちなみに,JavaScriptではソースコード中の改行やスペースは反応されないので,以下のように自由な場所にコメントを書くことができます.

// これはOK
const a = 3;

const b = 3; // これもOK

const c = 3;                         // これもOK

複数行のコメント

複数行でコメントを書きたい場合は,/*と*/で囲みます.

/*
  複数行でコメントを書きたい場合は
 このように書く
*/

ちなみに,JavaDocのようなAPIドキュメントツールを使う場合は,/**と*/で挟んでコメントを書くため,ツールを使わないときも以下のように書くことが慣例となっている場合もあります.VScodeを使っていたりすると,/**を入力した時点で残りの部分を自動で出したりしてくれます.

/**
 * このように書いてもコメントとしての認識は同じ
 * コメントの初めにも*を付けるのが慣習になっている場合も
 */

次回は,基本文法として変数の宣言について学習します.

コメント

タイトルとURLをコピーしました