大学院入試の難易度が少し上がる可能性あり。進学希望の学生はどう対策すべきか

大学院

今年、2020年度に院試を受けようと考えている人たち、つまり2021年に大学院に入学しようとしている人に向けた記事です。

想像がついている人も多いかと思いますが、大学院入試の難易度が例年よりも少しあがるかもしれませんね。

その理由を述べていきます。

いやあ、どこも大変ですね。

志望者の増加

「あの件」で、就職氷河期到来!?と言われている中で、就職するよりも大学院に進学して、経済回復、企業回復を待とうというひとは多いはずです。

私も、ちゃんと研究活動したいB4には、進学を進めています。どう見ても就職は難化してますからね。

ただ、院進希望者(もしくは、できれば院進したいが、経済的理由で院進できない人)が増えると思いますから、院試の倍率は増加し、入学難易度は上がる傾向にあるでしょう。

定員減少(するところもあるかも)

とある大学では、来年度の学生の入学を断るらしいです。なんでそんなことするの!?という感じですが…大変な大学もあるんでしょう。

それを考えれば、大学院の定員を減らすところも出てきてもおかしくないでしょう。

たぶん国立は大丈夫だと思いますが…

そのままということはあっても、増えることは考えにくいでしょう。

試験形式の変化

TOEICが延期になり、英語の入試形態が変わるところは多いと思います。私が所属ている研究科でも、TOEICから他の形式になりました。

また、筆記試験もしにくい環境ですから、大幅に入試形式が変わる可能性があります。

そうなれば、今まで過去問を入手すれば余裕で受かっていた人も、今年からの入試形式の変化で、動揺して落ちる人が出てくるかもしませんね。

大学院試に向けてどう対策すべきか

基本的には、しっかり勉強すれば受かるので大丈夫です!

もともと入りやすい大学院の難易度が少しあがるだけなので。

ただし、自分の行く大学院の入試難易度を把握しておくべきですね。

まあ、落ちないだろ…というところなら、あまり気にしなくて大丈夫でしょうし、例年、結構落ちるところなら、より一層注意が必要です。

あとは、私の院試に関する記事を読んでおきましょう。

最後に言いたいのが、就職から逃げるため、就職氷河期をさけるため「だけ」に進学するのはやめましょう。

なぜなら、就職氷河期が2年で終わる保証はないからです。

大学院で研究活動もしたくないのに、そうなってしまったとき、本当につらいと思います。お金が飛ぶだけですからね。

めちゃめちゃ研究したい!くらいのモチベーションを用意せよとは言いませんが、それなりに研究したい気持ちがないと厳しいと思います。

院を卒業したら、結構いい歳になってしまいますからね。日本ではますます厳しいです。

ただし、研究活動に少しでも興味があり、楽しめる可能性があるのなら、就職氷河期を通り越す意味と合わせて院進するのは全然ありです。

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

大学院
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました