プログラミング勉強の始め方【初心者向け】

テクノロジー

本記事は「初めてプログラミングをやってみる人」や「新しいプログラミング言語を覚えたい人」などの初心者向けの記事となっております。

プログラミングは、最近特に、一般的なものとなってきました。今や、高校生や文系大学生でも普通にプログラミングする時代です。

プログラミング言語は、その用途によって使い分けるのが一般的であり、そうなると、人によっては複数の言語を覚えることになります。

結論からいうと、何か1つの言語さえ覚えてしまえば(できるだけ低級言語がよい)、ほかの言語もすぐに習得できるようになりますが、

何度も何度も新しいを覚えなければならない場合、できるだけ早く使いこなせるようになりたいと思うはずです。

そこで、今回はこのような記事を書きました。

本から入るのはおすすめしません

まず言いたいのが、新しいプログラミング言語を勉強するときに、最初に書籍で勉強することはおすすめできません。

大学の研究室の本読みでプログラミング言語(Python)の本をみんなで読んだことがありましたが、正直、あまり身にはなりませんでしたし、その本読みのおかげでPythonを使えるようになった人はいませんでした。

ただし、プログラミング言語の本が全くダメだということではありません。

この記事の最後にも述べるように、プログラミング言語の本は教科書として使うのではなく、要所要所で調べたり勉強する『辞書のような形』で使うのが良いかと思います。

多くの本(動物の絵が描かれた有名なプログラミング系の分厚い本など)も、そのような使い方を想定して書かれているような気がします。あれを、一から隅々まで読み人は少ないでしょう。

とにかく、最初から本を読むのではなく、手を動かすのが先だということです。その手順を、以下に示します。

おすすめの勉強手順

この手順のメリット

・習得が早い

・基本的にネットのみを使うので、無料

この手順のデメリット

・深い知識が付かず、たまに基本的なことが分からない→後から補強すればOK

まず、簡単なプログラムをコピペし、実行してみる(実行ができることを確認する)

まず、ネットや適当な本に書いてある簡単なコードをコピペするか書いてみて、実行してみましょう(本に書いてある小さなコードを書くだけで、一から本を読むわけではない)。

文字を出力するとかだけのコードで十分です。これで、まず実行がきちんとできることを確認しましょう。

簡単なプログラムを書いてみる

結論から言うと、複雑なコードも簡単なコードの組み合わせです。

簡単なコードが書けるなら時間をかければ長いコードもかけるはずなので、簡単なプログラムを一から書けるようにしましょう。もちろん、ネットの記事などを参考にしながらでも構いません。

さらに、簡単なコードを作っておけば、長いコードを参考コードになるので、資産になります。

少し複雑なプログラムをコピペし、色々いじる

複雑で長いコードを拾ってきて、実行し、エラーがでて実行できなかったらデバック(エラーの原因を修正)し、実行できたら少しコードをアレンジしてみます。

アレンジすることでコードを理解する練習になりますし、アレンジしたコードがエラーを吐いたら修正することでデバックの練習になります。

これも、コードを残しておけば、書き方がわかる参考コードになります。

長いコードを書く(時間をかければかけるはず)

調べながらでもよいので、少し長いコードを一から書いてみます。そのうち、何も見ずにある程度かけるようになってくると思います。

このとき、計算効率とかは考えず、とりあえず知っている関数のみ使えばいいと思います。たとえば、forループの書き方は分かるけど、whileループの書き方は知らないとき、普通はwhileループで書くところも無理やりfor文で書いても良いと思います。

さらに深く勉強したいなら

さて、とりあえず上の方法で勉強すれば、それなりにその言語を使えるようになっているはずです。

しかし、上の勉強方法では限界があると思います。もっと「良い」コードを書きたいのであれば、じっくり本やネット記事、もしくはコードをいじって試行錯誤してみるしかありません。

コードをきれいにしたり、効率的な計算するコードを書きたいなら、本で勉強するなり、新しい関数やライブラリを使う必要があります。

つまり、ここで初めて本をじっくり読むのです。ただし、この段階で読むのは、もはや初心者向けの本ではなく、上級者向けの本になるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました