『何もしていないように見える親父』のようにならないように気を付けたいと思う

仕事・ブログ

みなさんこんばんは。

以前、45歳の会社員が大量リストラしたことが話題になり、『歳をとってからクビになることは当たり前』という事実が世の中に定着しつつあり、堂々とリストラする会社も増えてきました(もちろん、まだまだ日本では簡単にクビにすることはできないようですが…)。

この大量リストラに関しては、以前、このブログでも取り上げました。

さて、要は「中年でも努力しなければならない。できることなら、若いうちから努力して、その努力をずっと続けなけらばならない」世の中になったということです(正常ですね)。

私の親父は50代なのですが、彼も努力しなければいけないと思うわけです。

私の親父は、会社から(8~9時くらいに)帰ると、酒を飲みながらテレビを見て、寝ます。

会社で働くのは疲れるだろうし、別に良いのですが、私の親父はとくに休日も何もしません。

昼頃に起きて、ぶらぶらして、飯を食って、寝るだけです。

つまり、会社以外の時間で、何かしているようには見えないのです。

こんな時代ですから、私的には50代になっても、仕事とは関係なくてもよいから、新しいことを学んだり、人脈を広げたいと思うわけです。

何が言いたいかというと、親父はもっと努力したらどうか?と思っているということ。

親父は、ある特定の分野には確かに詳しい。しかし、それは過去の延長の知識で、親父は新しいことには少し疎い。

最近のテクノロジーには、ほとんどついて行っていないようにみえます。

歳をとったらもの覚えが悪くなるかもなので、仕方ないのかもしれませんが、暇な時間がたっぷりあるように見えるので、努力する時間はあるはず。

なにも、すべての時間をスキルアップに使えと言っているのではありません。そこまで、私は鬼ではないし、人のことを言える自分でもありません。

しかし、今のところ、金を使って休憩している(休日にはそれなりにいいところにいったり、飲み会に行く)会社員、つまり、終身雇用が保証されていたころの会社員の振る舞いをしているのが私の親父です。

少し前は、たまに英語の勉強をしていたようですが、最近は見なくなりました。

実は見えないところで頑張っているのかもしれませんが、少なくとも「何もしていないように見えます」。

いつリストラされても、おかしくありませんね…。

彼の人生ですし、好きにしたらよいかもしれませんが、少なくとも、「自分は50代になっても努力しよう、学ぼう」と思います。

具体的には、大学時代にやり残した物理を学びたいですね(できれば、今のうちに取り掛かりたい)。

もしこれを見ている『大人』の方がおられたら、私の親父のようには過ごさず、リストラされないように、努力していただけたらと思います。

家族がおられる方は、そちらも大切に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました