大学院(修士)で英語は必須??→【答え】できなくても卒業はできるが、本気で研究するなら必須。

大学院

みなさんこんにちは。

大学院とは、大学の次の進学先の高等教育研究機関とされ、理系大学生では大学院に行くのは全く珍しくありません。

大学院について考えるとき、大学院では英語が必要なのか?できないと卒業できないのか?大学院生は分野を問わずみんな英語ができるのか?という疑問を抱くときがあると思います。

そこで、今回はこの質問に答え、大学院生活の実態に沿って、その答えの理由と条件を述べようと思います(タイトルに答え書いていますけどね)。

修士論文(研究)を進めるときに英語はどんな時に使うのか

文献調査

過去の研究でどんなものがあったか、現在世界ではどんな研究がされているのかなどの文献調査で、英語で書かれた論文を読む必要があります。

基本的に研究は世界初である必要があるため、自分が論文を書くときに、他の論文と被っていないかを確認する際に、英語論文を読み漁ります

他にも、研究室の活動として論文輪読や本読みを設けているところは、英語の論文、書物を読む機会が強制的にあるかもしれません。

しかしながら、英語の論文をほとんど読まずに修士をしていく人が全くいないわけではありません。文献調査が十分でない、もしくはテーマがすでに世界初であることが保証されており、する必要がない、単に面倒くさいひとはそのまま修了していきます。

留学生との交流

大学院は、留学生も多いです。

日本語を話せる留学生の方もいますが、そう多くはないと思います。

そういった場合、コミュニケーションをとるのに英語を話す必要があります。

国際学会、海外出張

自分の研究結果を、国際学会で発表するかもしれません。そういった場合、資料は英文で書き、英語で発表することになります。国際学会で発表することは珍しいことではなく、修士の学生でも結構います

また、他大学での共同実験などで、海外出張をする場合があります。とのとき、相手先とコミュニケーションをとる場合があります。自分の研究室の先生が海外の先生とつながりが多い場合、海外出張があるかもしれません。

授業

大学院でも英語の授業があったり、大学院の中には、専門科目であっても英語で授業をするところがあります。

また、英語でプレゼンテーションをする授業があったりするので、単位を取るためにある程度の英語が必要となる場合があります。

修士論文は英語で書くのか?

日本人で修士論文を英語で書く人は少なく、日本語で書く人がほとんどです。ただし、先ほども言ったように、参考文献として英文を読むことはあります。

ただし、修士論文としてではなく別の論文を書く人もいます。それを国際論文誌に投稿する場合は、もちろん英語です

ちなみに、博士論文は日本語か英語か選べるようです。日本語、英語で書くそれぞれのメリット・デメリットは以下の記事を参考にしてください。

【結論】修士で英語は必要なのか?

以上のことを踏まえて修士課程の学生に英語は必要なのか?に答えようと思います。

基本的には必要です。英語ができないと大学院生として認めないと言う先生もいるでしょう。

とくに、英語の論文を読む場面が多いので、読み書きは必須です。TOEICは英語ができる指標になるならないという話がありますが、こうなってくるとTOEIC、TOEFLもバカにできないですね。確かにTOEICはビジネス向けの文章になっていますが、これを読めない人は論文も読めない気がします。

なによりも、きちんと研究を大学院でしたいのであれば、英語は避けて通れません必須です。英語による情報収取ができないと研究の質が落ちますし、国際学会、国際論文に発信できないことで権威性が下がります。博士課程に進むつもりなら、なおさらです。

これを見ている人で、「修士で英語が必要なのは当たり前じゃん。逆にできない人いるの?」くらいに思っている人はいると思いますが、

しかしながら、日本の大学院修士で英語をほとんど使わずに修了している人がいるのは事実です。いわゆる高学歴と言われる大学であってもです。英語にそこまで触れなくても、修了できてしまうのが現状のようです。

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

大学院 英語
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました