プログラミングできるお手軽(安い)トイドローンTelloがおすすめ!

テクノロジー

みなさんこんにちは。

最近、ドローンを飛ばそうと思い立ちました。

ちょうど友達が小型のドローンを持っていたので、遊ばせていただくことにしました。

そこで今回は、プログラミングできて、かつ航空法にも引っかからない、しかも比較的低価格の小型のドローンである『Tello』について紹介します!

超有名なトイドローンなので、知っているかもしれませんが…

Tello

https://www.ryzerobotics.com/jp/tello より
Say Hello to Tello

Ryze-Tech TelloはDJI社が販売しているトイドローンです。

価格は12,800 円です(変動してるかもしれません)。

他のプログラミング可能なドローンと比べて、低価格であることが人気の理由だと思います。

見た目

Telloは小型ドローンで、大きさは羽を含めて15センチ×15センチくらいです。

手のひらの上に乗せると少しはみ出るくらいですね。

実際の写真

機体はシンプルで、色も3種類くらいから選べるみたいです。

プロペラの数は、写真の通り、4つです。

スペック

バッテリー持続時間は、約13分で、最大飛行距離は100mです。

カメラが付いており、そこそこ高画質な画像や、動画をとることができます。

重さは80 gと軽量で、航空法に引っかからないので基本的にどこでも飛ばせます。

航空法では、 200 g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものは対象外としています。つまり、200 g未満であれば、航空法に引っかからず、飛ばすことができます。

とはいっても、適切でない場所で飛ばすのはやめましょうね!!

操作は?

スマートフォンで操作、もしくはプログラミングしてPCで操作などができます。

プログラミングができない人でも、スマートフォンに専用のアプリをダウンロードし、Telloから出るWi-Fiに接続するだけで簡単にドローンを飛ばすことができます。

スマホアプリによる操作画面は、下の写真の感じです(部屋が薄暗くてすみません)。

スマホだけあれば飛ばすことができますが、スマホの画面では操作しにくいという人は、コントローラを装着して操作することもできます。

↓コントローラ付きTello

基本的には方向操作、上下操作、回転操作のみなので、操作は簡単です。練習はほとんどいらず、いきなり使ってもうまく飛ばせると思います。

また,ボタン一つでフリップ(空中ででんぐり返し)や手のひら着地などができます.

Telloの機能

Telloは小型ですが、色々なことができます。航空法に引っかからないくらい小型で、比較的低価格で、かつプログラミングできるドローンはTelloくらいじゃないでしょうか?

Telloは購入した時点ですでに高性能な機能をもっています。

高画質な動画撮影・写真撮影

カメラが付いているので、もちろん写真撮影や動画撮影が可能です。

自動着陸・自動離陸

自動ボタンで指示すれば、適切に着陸、離陸をすることができます。

ローバッテリー保護機能

バッテリー残量が少なくなると、アラートで警告をしてくれます。

フェールセーフ保護機能

通信接続が切れても、安全に着陸します。

自動キャリブレーションなど

キャリブレーション(重心の位置など)をする機能などがすでに備わっています。

簡易的なプログラミングと高度なプログラミング

Scratchを使って、シンプルなブロック型のプログラミングをすることができます。

これは、プログラミングに慣れていないひとでも簡単にできるので、プログラミングを学びたいひとに教育用としても良いです。

もちろん、Pythonなどを用いて自分でコーディングし、高度なプログラミングをすることも可能です。

使ってみた感想

使ってみた感想を、消費者の観点から。

軽い

持ってみた感想。当たり前ですが、やっぱり軽い。

ドローンがつくる風が強い

小型ですが、やはり機体を空中に浮かせるにはパワーが要るんですね。ドローンが起こす風は、結構強かったです。

ドローンを頭上に持ってくると、かなり涼しいです(笑)。

冗談抜きで、そこらへんの扇風機より全然強い風がきます。

安定してる

小型なのでフラフラするのかと思いきや、結構安定して空中に止まることができます。すごい。

操作が簡単

まだ本格的にプログラミングをしてないので、スマホアプリによる操作の感想ですが、操作はめっちゃ簡単。

先ほどの写真のとおり、そもそも触るところが2,3所しかなく、動く方向を指示するだけなので、とてもシンプルに操作できます。

バッテリーの消費が思ったより早い

ホームページには飛行時間は最大約13分とありましたが,実際には8分~10分程度な気がします.

バッテリーを充電するのにも時間がかかるので,10分以上の飛行を何度も行いたいなら,複数のバッテリーを事前に充電しておくとよいと思います.

複数のバッテリーを充電しておくハブも売られています↓

ドローンに興味があるひとは、ぜひ試してみてください!

価格もそれほど高くないので、プレゼントにもいいかもしれませんね!

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

テクノロジー
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました