理系リアルタイム

大学院生の情報ブログ

仕事・ブログ

【就職】自動車業界は今後どうなる!?車業界への就職について考える。そもそも日本は…

投稿日:

皆さんこんにちは!

トヨタ自動車が、終身雇用を守っていくのは難しいといった発言をしましたね。

世の中では終身雇用はオワコンだという流れは周知の事実でしたが、トヨタのような日本トップの会社が堂々と発表したとなると、まさに形になった、という感じですね。

さて、日本がどの分野で強いのか問うと、一番はやはり自動車業界ですね。トヨタだけでなく、その他の自動車会社も日本を支える企業といえます。

一昔前、といっても5年前くらい前くらいまでは、理系の就職口として自動車業界は人気でした。

車離れとどれだけ関係しているのかは分かりませんが、車業界の会社への就職はだんだんと人気なくなっていってるイメージがありますよね。

僕は名古屋大学にいるわけですが、トヨタに就職しようとする人は意外と少ないです(入学前は、ほとんど全員がトヨタへの入社を希望するのだろうと思っていました。入れるかどうかは置いといて。)。

実際には、10%以内くらいでしょうか。しかも、機械工学専攻ですよ。

では、学生はどのようなところに就職したらよいのか?車業界は日本で最も大きい業界で、インフラが整っている事業形態とも言えますから、安定志向な就活生にとっては、自動車業界は捨てがたいものです。

他の選択肢としては、自動車以外の製造メーカー、ITなどが人気です。

さて、ここからが本題なのですが、自動車業界はこの先、どうなっていくのか。さらに盛り上がるのか、それとも小さな業界になっていくのか?

それを考える際に、いくつかのポイントがあります。それは自動運転、MaaS(自動運転を含む)、若者の車離れ、日本経済の衰退です。

MaaS(自動運転を含む)

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)は、あらゆる交通手段をサービス的につなぐ体系であり、自動運転と同じように、レベルがあります。現在の日本では、まだ決済が統一(電車、シェアリングカーなど)されていませんが、海外では移動手段に使ったモビリティの決済が一括で払えるサービスがあります。

このMaaSは、政府と企業が協力して実現を目指すものです。MaaSには自動運転も含まれますが、その場合、カーシェアリングや現在のUberタクシーのような体系を取るでしょう。

つまり、ひとり一台(もしくは家族一台)も車がいらないことになります。これは、既存の車業界にとっては製造必要数が減るので、かなりの痛手です。さらに、いままでのガソリンエンジン車に比べて、電気自動車はシンプルな構造になると言われており、今までたくさんの子会社が協力して製造していた車が、数社(しかもそれほど大きくない会社)の協力で出るる可能性があり、トヨタのような大きな自動車会社は不利な状況になるかもしれません。

海外も含め、需要が減るのことに加えて、製造過程に人でもそれほどいらなくなってくる時代の流れがあるので、トヨタであっても、無駄に人を雇っていくのは無理があるでしょう。

もちろん、トヨタもMaaSの動きに対応しようと改革を進めていますが、短期間でかなり大きく変わる必要があります。

若者の車離れ

MaaSが確固たるものになれば若者の車離れとかいう話ではなくなります。 とはいえ、いくらMaaSのような移動社会システムがやってくると言われていても、実際にいつ国内で導入されていくのかは分かりません。

現在の若者の車離れの原因は一意ではないと思いますが、若者の物欲低下、昔ほど車に魅力を感じなくなった、単純にお金がない、などでしょうか。

自動運転単体が実用化され、使われる期間が数年はあるかもしれません。その時になれば、もしかしたら自動運転車を所有することが魅力的に感じ、自動運転車の普及が飽和するまでは、自動車業界の売り上げは増加するかもしれません。

とはいえ、やはり「車カッコいい」「車をもっている人がカッコいい」という人は少なくなった気がします。それは車がどうとかいう話ではなく、他に魅力的なものが世界に増えたからでしょう。

これによって、自動車業界が大きな痛手を負っているようには思えませんが…

日本経済

そもそもですが、日本経済の衰退があります。いくら日本の自動車業界が優秀といっても、日本全体的に落ちてきているので、現在の世界と比較した日本の豊かさを維持するには不十分な状況で、様々な問題を抱える日本では今後この傾向がさらに顕著になるでしょう。

もし数年後に日本が盛り返していくとしたら、自動車業界以外の部分である可能性は高いです。とはいえ、それは誰にも分かりません。日本全体的に沈んで行って終わり、という可能性も高いです。

日本企業に居続けるつもりならば、自動車業界はとてもよい物件かもしれませんが、世界に出稼ぎする日本人が増える未来を想像すると、海外の電気自動車メーカーの台頭などもあり、厳しい部分もあるかもしれません。

チャンスな時期もある

さきほども述べたように、MaaSにはレベルがあり、徐々に移動形態が変わっていきます。反対に言えば、MaaSの進化の過程で、自動車業界とIT業界、サービス業界にはいくつかのチャンスがあります。

すべてがカーシェアリングになってしまってはおしまいですが、自動運転車を大量生産するフェーズなどで仕事はたくさんあるだろうし、ITとの連携の部分で製造知識が必要です。

細かいチャンスをものにしていくことが、自動車業界が日本でトップで居続ける条件です。

-仕事・ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【学生必見】注意したい!世の中にはびこる学生搾取を一覧にしてみた【12個】

みなさんこんにちは!! 今回お話しするのは、世の中にある学生を搾取するものについてです。 正確には、「損していることに気づいていない学生」を搾取するものです。 搾取とは、支払っているお金や時間に対して …

【教育というビジネス】勉強を教える”教育”は教育ではなくビジネス

みなさんこんにちは! 本日は、「教育」について書きたいと思います。 みなさんは、学校教育についてどう思いますか? ここ50年近くの進路の主流は、小学校から大学まで行き、就職をするという流れとなっていま …

【ビジネスマン必見】激選!!ビジネス向けYouTubeおすすめ動画4選【2019年3月】

みなさんこんにちは!! 最近、YouTube第二次流行ブームが来ています。 見る人が増えているというのもありますが、動画を配信する人、つまりYouTuberも増えています。 「えっ…今さら…??HIK …

【就活】企業のために、インターンシップに行ってはならない。あくまで自分のために時間を使おう

記事のまとめ ・無意味なインターンシップに行くのはやめよう ・企業のアピールのためのイベント、説明会は多い ・本当に行きたい企業なら、1Dayインターンシップでも行くのはOK 就活生のみなさん、もしく …

【ブログに疲れた】今さらですが、はてなブログ始めました。

みなさんこんにちは! 見ての通り、僕はブログで記事を書いているわけですが、実は4月4日に新たにブログを開設しました。 今回は、これらの軽い紹介をさせていただきます! はてなブログを始めました。 今回、 …

理系リアルタイム 管理人

理系大学院生。

名古屋大学大学院工学研究科。

いつか人工衛星を打ち上げたいと夢見ている。生息地は度々変わるので不明。興味があること→物理/laser/機械学習/backpacker/ドローン/海外移住

理系リアルタイムでは、大学生・大学院院生に知ってもらいたい情報、体験を発信しています!!気になることがあれば、お気軽にご連絡ください。

管理人のTwitter もよろしくお願いします!!