理系リアルタイム

大学院生の情報ブログ

理系

文理選択に迷っている高校生に言いたい。できれば理系を選べ!

投稿日:

理系進学おすすめポイントまとめ

  • 世の中では物理・数学が重要
  • 文転のしやすさ
  • 大学で学ぶ価値あり
  • 就活有利

文理選択に迷っている、高校生のみなさん、こんにちは。

以前、下のような記事を書きました。

この記事では、文系と理系のそれぞれのメリットや特徴を上げましたが、高校生の中には、それでも悩んでいる人がいると思うので、「コレ!」という答えを今回、用意しました。

ずばり、できることなら理系に進んでください。

『できることなら』というのは、「よほど理系に進みたくないなら」、「すでに夢があって文系職につくつもりだから」、という意味です。

というわけで、今回は理系に進んだほうが良い理由として、4つのポイントを挙げました。

理系のおすすめポイント

世はまさに物理・数学の時代

技術の発展はどんどん速くなってきており、物理・数学の重要性はますます増加しています。

文系職のひとすら、多少の数学が分かっていないといけない状況です。

ここで、「物理・数学」と言っているのは、この2つは学問の根本であり、どの時代でも必要な、不変なものだからです。

ディープラーニング、AI(人工知能)といったものが世の中に出てきて、あたふたしているのは、数学を学んでこなかった人だけで、きちんと高校数学、大学数学を学んできた人にとっては、それらの中身の基本の正体はなんてことありません。

数学、できれば物理を学びましょう。そうすることで、不安はチャンスに変わります。

ところで。昔の高校生や中学生には、「物理とか数学なんて将来必要ない」という人がいましたが、今もそういう人はいるのでしょうか?

今は、少なくとも、数学ができないだけで良い職につける可能性はグッと減りますから、「数学なんて必要ない」という子こどもは減っているのではないでしょいうか。

まだそんなことを言っているのであれば、もう少し勉強しないと、この事実に気がつけませんね。

しかし、現代が物理・数学・工学がイケイケなだけで、数十年後にはどうなっているかはわかりません。僕としては、それでも数十年後も理系有利な気がしますが…

文転しやすい(就活時、受験時)

理系から文系大学に進学する人や、理系学部から文系職(文系枠)に就職する人はよくいますが、その逆の文系から理系に転系するのは難しく、あまりいません。

(大学院から、文系学部から理系の研究科に移る人はたまに見かけますが…)

つまり、理系に行くことは、視野を広く保つことができるということになります。

大学で学ぶにあたって理系のほうがコスパがよい

言い方は悪いですが、文系の大学は、コスパが悪いです。まったく行く意味がないとまでは言いませんが、金額に対しての学ぶリターン((学べる量・質)÷(学費))が小さいです。

なかには文系の大学に行って、「大学に言って本当に良かった」というひともいますが、かなり少数です(大学で遊んでいたり、サークルやバイトが充実して良かったといっている人は除きます)。

大学でまじめに学問に取り組みたいのであれば、理系学部に行くことをお勧めします。理系学部の学生も全員が真面目に大学生活に励んでいるとは言いませんし、くだらない講義もありますが、文系学部よりはマシかと思います。

一応、以上はいくつかの文系の授業を受けたことがあっての意見ですが、すべての大学の講義を受けたわけではないので、あくまで個人的な意見となっています。なかには、少数かもしれませんが、素晴らしい先生の素晴らしい講義もあると思います。

就職時において理系のほうがコスパがよい

あくまで現代の話ですが、ここ半世紀以上は、理系のほうが就活に有利です。

文系の就活生は週十社と面接を受ける人がいるみたいですが、理系は数社程度しか受けない人がほとんどで、しかも受かる人がほとんどです。というか、研究室(大学4年生くらいになると研究室に配属され、研究活動を行う)が忙しくて、就活している時間がないというのもあります。

また、先ほども言ったように、文系職に就職するひとも多いです。

理系を選択して後悔した人は少ない

理系を選択して、「文系にしておけばよかった」という人は少ない気がします。

たまにいますが、その人たちの理由のほとんどが、「女子が少ないから」です。

しかし、「女子が少なくて嫌だ~!文系にすればよかった」は本質的な後悔ではありません。理系でも、サークルなどで異性と交流することは可能ですし、そういったことを言っているひとは、おそらく文系に行ったところで大して楽しめません。

逆に、文系の人が「理系に行きたかった」といっている姿はそこそこ見ます。

ということで、特別な理由がない限り、男子も女子も、理系に行きましょう。ちなみに、理系の学部に進学した女子はかなりモテますよ。

-理系

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【理系学生必見】ビタミン豊富な食べ物まとめ

ビタミンが足りてないみなさん、こんにちは!!

学生は就職活動における推薦は有利になるか?推薦を利用するデメリットとは

目次1 学校推薦(学科推薦)で就職とは2 学校推薦を利用するメリット2.1 それなりに受かりやすい2.2 就活時期が早い2.3 自由応募よりも採用試験がシンプルになることが多い3 学校推薦を利用するデ …

【理系必見】理系がおすすめ!ためになる理系ブログ 4選

理系の皆さん、こんにちは!! 今回は、ぼくが個人的におすすめする理系ブログを紹介します! 理系って、基本的にある特定のブログをみたりしないような気がします。 たとえば、「参考書 おすすめ」と調べて検索 …

理系は理系ブロガーにならないほうが良い理由?理系はどんな記事を書くべきか【良い例と悪い例】

対象とする読者:理系をウリにしてブログを始めようとしているひと 皆さんこんばんは! もしあなたが、ブログを始めようとしていて、どんなテーマのブログにしようか悩んでいるなら、理系をウリにしたブログは控え …

【世間なんて気にするな】文系大学院への進学は超おすすめ!その理由

みなさん、こんにちは! 今回は、文系大学院への進学について述べたいと思います。 文系大学院と聞くと、特に就職の面で、あまりいいイメージを持たない人が多いのではないでしょうか? 大学院には理系が行く人が …

理系リアルタイム 管理人

理系大学院生。

名古屋大学大学院工学研究科。

いつか人工衛星を打ち上げたいと夢見ている。生息地は度々変わるので不明。興味があること→物理/laser/機械学習/backpacker/ドローン/海外移住

理系リアルタイムでは、大学生・大学院院生に知ってもらいたい情報、体験を発信しています!!気になることがあれば、お気軽にご連絡ください。

管理人のTwitter もよろしくお願いします!!