【必見】ブロックチェーンって結局なに?ブロックチェーンについて簡単に解説!!【未来をつくる新技術】

テクノロジー

皆さんこんにちは!!

みなさんはブロックチェーンについてはご存知でしょうか?

これから重要な役割を果たすだろうと予想されている技術には、5G、VR、AI、ブロックチェーンなどがありますが、この中のうちブロックチェーンは他の技術に比べてあまり聞きなれないかもしれません。

もしくはブロックチェーンという言葉を聞いたことがあっても、どうゆうものなのか全く知らないひとも多いと思います。

そこで今回は、

このブロックチェーンとはどうゆうものなのか?

仕組みはどうなっているのか?

どんなときに使われるのか?

を簡単に解説します!!

ブロックチェーンの簡単な概要

ブロックチェーンの誕生

ブロックチェーンはもともと仮想通貨であるビットコインを管理するシステムとして2008年に造られました。サトシ・ナカモトという人が書いた論文が原点です。

ブロックチェーンを利用し始めてから現在まで、データ改ざんやサーバーがダウン(システムが停止)したことは無いみたいです。

このことから、ビットコイン以外にも様々な面で応用ができるのではないかと期待されています。

ブロックチェーンとはひとことで言えばなにか

ブロックチェーンは分散型台帳技術(ネットワーク)と呼ばれ、簡単に言えば「みんなで取引を監視し合う管理システム」です。

あらゆる取引を管理することが目的でつくられています。

たまにブロックチェーンとビットコインを混合する人がいますが、ビットコインは仮想通貨で、ブロックチェーンは管理システムのことなので、全然違います。

なぜブロックチェーンというのか?

以下の図のように、データを書き込んだ台帳をチェーンのように繋いだことからブロックチェーンと呼ばれています。いくつかのデータが書き込まれた台帳の間は暗号でつながれています。この台帳を世界中のみんなで共有し、監視し合います

データを暗号でつながれた台帳(ブロック)に書き込んでいく

ブロックチェーンの仕組み

さきほども述べたように、ブロックチェーンの基本は暗号でつながれたデータをみんなで共有することです。

システムには信頼が必要

取引や管理をデータで行う場合、

それって危ないんじゃないの?データを書き換えられたらおしまいじゃん!

と思う人もいるかもしれません。

しかし、すでに我々は同じようなことをしています。

例えば、銀行口座にお金を預ける場合、実際にお札や硬貨を銀行に管理してもらうわけではなく、データとして管理してもらっていますよね。通帳に書かれているのはただの数字で、データです。

これは、銀行が数字の書き換えを行ってしまったらおしまいですね。ぼくが初めて銀行口座を作った時、これが不安でした。しかし、銀行口座がないと不便なわけで、銀行を信頼してお金を預けています。みなさんも、銀行を信頼してお金を預けていることになります。

つまり、信頼がより強いシステム上でお金やそのほかのやりとりをすることが望ましいのです。

つまり、ブロックチェーンに信頼性があれば、お金がデータに変わっても問題ないわけですね。

ブロックチェーンを改ざんするのは不可能

ここで、ブロックチェーンは先ほども言ったように、みんなでデータを共有し、監視しあうことで信頼性を保っています

データが入っているサーバーはあらゆる場所に分散されており、膨大に存在します。

もし誰かがこのブロックチェーンに書かれたデータを改善した場合、チェーンでつながれたデータのつじつまが合わなくなり、すぐに不正がばれます。また、改ざんをするにはコンピュータによるものすごい計算量が必要です。

では、データの一部を改ざんしたらばれるなら、全部書き換えればいいのかというと、もちろん不可能です。データのほとんどを書き換えるためには、理論上不可能なほど膨大な計算量が必要です。

よって、ブロックチェーンのデータ改ざんは不可能です。

ブロックチェーンの特徴

ここでは、ブロックチェーンは何がすごいのか、何が新しいのかを解説します。

管理者がいない

ブロックチェーンではみんなでデータ(台帳)を管理します。

ここで、従来の管理システムと大きく異なるのは管理者はみんなであり、ある特定の管理者はいないということです。

従来でいえば、お金の管理なら銀行、YouTubeの動画の管理ならGoogleがやっていますが、ブロックチェーンではこの銀行やGoogle(企業)などの管理者がいません。

コピー不可能

ブロックチェーンではデータはコピーが不可能です。コピーができてしまうと不正などがあるので当然ではあります。

そして、これは「データに価値が生まれる」という意味があります。

お金のデータは当然ですが、例えば電子書籍もコピーは絶対に不可能になるので、紙の本と同じくらいの価値がつきます。

あるゲームのキャラクターも世界に何体まで、というようにすることが可能なのでそのキャラクターの価値が高騰するかもしれません。

いままでは著作権の問題などがありつつも、コピーし放題でしたが、ブロックチェーンが利用されることでデータ一つ一つに価値が生まれます。

そしてコピーが不可能というのは、ウェブ(インターネット)と大きく異なる部分です。

それまで紙媒体でやっていた取引を、インターネットが普及することでより低いコスト・速いスピードで行うことが可能になりました。

一方で、インターネットではコピーが可能でした。ブロックチェーンが普及することで、低いコスト・高スピード・コピー不可の情報共有の世界になります。

信頼性が高い

すでに述べたように、従来の管理システムに比べてかなり信頼性が高いとされています。

ブロックチェーンはどんなときに使われるのか

ブロックチェーンはもともとビットコインの取引のために開発されたので、(仮想通貨)ビットコインの管理システムとして使われています。しかし、それ以外にもすでにいろいろなところでブロックチェーンは応用されています。

仮想通貨以外の場面でのブロックチェーン

ビットコインでの実績で得たブロックチェーンの信頼をうけて、ビットコインの管理以外にも様々な場面でブロックチェーンの活用が期待されています。

基本的にはあらゆる取引で利用が可能です。

ブロックチェーンは会社間での取引、個人間での取引、個人と会社の間での取引で活躍します。

金銭取引

ビットコインなどの仮想通貨だけではなく、円、ドルなどの実際の通貨やポイントにも使われています。

不動産取引

不動産取引にはたくさんの手続きが必要で、現在でもたくさんの書類で取引が行われていますが、これをブロックチェーンで素早く・簡単にやろうという試みがされています。

食品管理

食品管理には信頼が必要で、食品がどこでいつ製造されたか、誰が加工したのか、どのように流通したのかをブロックチェーンで管理します。

国のデータ管理

IT先進国のエストニア国では、インフラとしてブロックチェーンが使用されているようです。

自己の証明書

現在では運転免許証などが本人確認に使われていますが、ブロックチェーンを利用したデータで証明する未来がくるかもしれませんね。

アート作品証明

偽物が多いアート界では、アートの管理にブロックチェーンを利用することで、偽物がすぐに分かるかもしれません。すでにそのようなアプリケーションが実用化が始まっているようです。

まとめ

信頼は、チェーンでつながる。

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で多数の映画見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

テクノロジー
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました