【Airbnb】民泊サービスAirbnbを使う!Airbnbでホームステイ感を味わい友達ができた話

テクノロジー

Hello would!!

Airbnbを利用して、フィリピンに10日間滞在した話です。Airbnbをはじめて利用しましたが、あらゆる面で良い経験となりました。


2018年9月、旅行でフィリピンに10日間行くことにしました。

お金がなかったので、セブではなく、航空券が安いマニラに行くことにしました。航空券は、福岡からフィリピンのニノイ・アキノ空港まで6000円くらいと、格安でした。ところで、航空券を購入してから知ったんですが、フィリピンのマニラって、治安が超悪いそうですね!!実はこのフィリピン旅が初の一人海外旅だったので、正直不安でした笑!

しかしながら、航空券は格安だけあって、キャンセルできなかったので、思い切って行くことにしました!!

フィリピンの治安などについては、別の記事で。

Airbnb で宿決め

さて、今回の本題である、フィリピンでの宿泊先です。僕は学生ということもあり、お金がありませんので、安いところに泊まりたい。かといって、はじめての海外で、かつ、治安の悪いマニラで、格安ゲストハウスのようなところで泊まるのは恐い。そこで幅広い価格帯から選べ、かつ評価がされていて安心度もあるAirbnb を使うことにしました。Airbnb は、ひとことで言えば「民泊C to Cサービス」です。一般の方の家、マンション、アパートからホテルの一室まで、幅広い宿泊施設に泊まることができます。利用者は泊まるホストの方と直接連絡を取ります。

Airbnb のページは、以下のリンクから。

Airbnbで新しい体験をしよう!

Airbnbでは、Airbnb 監視下でホストと連絡を取るので、安心です。予約を取ると、ホストの方にパスポートのコピーを送るように言われました。最初は初めてということもあり、躊躇しましたが、海外ではどこでも泊まるときにパスポート提示が必要なので、、、今回、マニラの旅は10日間だったので、5日間と5日間に分けて、Airbnb でとった2つの場所に泊まることにしました。「フィリピン マニラ」で絞ると、Airbnb では一泊1000円~15000円のところがありました。

マニラは首都なので、一泊1000円は安いと思います。ゲストハウスやホステルに泊まれば、数百円とかで泊まることもできますが、、、

2つの宿うち、はじめの宿は一泊1000円くらいのところにしました。場所は、マニラの治安の悪さにビビっていたので、マニラの中でもかなり治安の良いとされているビジネス街のマカティシティにしました。

また、宿を決めるときに、必ずスーパーホストの人にしました。スーパーホストとは、そのホストの宿に泊まった人の多くが、高評価をした、信頼度の高いホストの方です。一軒目のホストのかたは、50歳くらいの男性でした。

二軒目も、マカティにしましたが、こちらは1500円くらいのところにしました。こちらもスーパーホストの女性です。年齢は、Airbnb の写真からではわかりませんでした。


当日


一軒目、ドアが開かない!?

ニノイ・アキノ空港に到着し、Grab(Uberのような配車アプリで、フィリピンではUberではなくGrabが使われています)を使い、とっっっっても渋滞した中、予約した宿に向かいます。

スマホでホストと連絡を取りつつ、宿に到着しましたが、ホストの方が多忙で、直接会えないそう。代わりに、警備員さんに鍵を預けてあるので、勝手にチェックインしてくれ、と連絡されました。

指示通り、警備員さんに鍵をもらい、部屋へ。

そこは大きなマンションの一室で、なんと23階!!の部屋でした。窓からは、マニラの電車が見え、そこそこ景色も良かったです。しかも、プール付き!!さらには、一階にマクドナルドなどのフードコートがあり、1000円で泊まって良いのか不安になるくらいでした。

部屋は1LDKの一室。でも、リビング、キッチン、ダイニングは共有スペースで使えます。また、となりの部屋には他のお客さんが泊まっていて、リビングで何度か顔を合わせました。

部屋には、部屋の使い方、注意事項などが書かれた紙が置いてありました。

さて、フィリピンの街に行くぞ〜と、鍵をかけ、外に。適当に遊んで、宿に戻ると、、、、なんと、

鍵が開かない、、、、??あれ、、、?

、、、

部屋の鍵が開きませんでした。部屋にはPCなど、大切なものもあったので、冷や汗をかきながら、ドアと格闘すること20分。なんとか開けることができました。

これが、一軒目で唯一、辛かったことです。一度閉めたら、超開けにくい。

2日目に、ホストの方に会いました。ホストの方に、鍵の開け方のコツを教えて頂きました。簡単に開けることができました。

トイレも綺麗で、ほぼ毎日、クリーニングが入るので、鍵の件以外は、何事もなく、5日間が無事に終わりました。

二軒目、ホームステイ感

二軒目は一軒目から近かったので、歩いて向かいました。二軒目も大型マンションの一室でした。部屋に向かうと、なんと、中には知らないおばさんが!!そのおばさんがホストだと思い、挨拶すると、部屋に案内してもらいました。

何日か過ごした後に気づいたのは、その人はホストのお母さんでした。実際のホストの方は、29歳の女性の方でした。

部屋は一軒目よりも値段は高かったですが、かなり狭く、窓を開けると目の前は壁で、正直、一軒目とのギャップでがっかりしました。しかも、なんと、共有スペース(リビング)と隣の部屋には常にホストの家族、5人くらいがいました。狭い部屋からでると、常に人がいて、トイレにも行きづらい。

しかし、せっかくなので、ホームステイに来たと、頭をシフトさせて、楽しむことにしました。

幸い、ホストの方は親切で、よく話しかけてくれたので、「フィリピンで観光したいんだけど、どこがおススメ??」など、積極的に話しかけました。ある日、ホストの方が、教会に行くから、ついてくる??と誘って行くれました。正直、キリスト教には全く興味ありませんが、フィリピンの方の生活に興味があったのと、何より仲良くなりたかったので、もちろん行くことにしました。教会には、ホストファミリー5人で行きました。

他にも、ホストのお母さん(最初に会ったおばさん)に、近くのスーパーでお土産を選んでもらったり、、、

部屋はイマイチでも、その家族の暖かさに、1泊1500円は超格安と感じました!かなり英語の練習になりましたしね。

こうして、ホームステイ感たっぷり(というか、ホームステイそのもの)の5日間が終わりました。


ここで何が言いたいかというと、普通にホームステイをしたらかなり費用がかかるのが一般的ですが、Airbnb を使えば、うまくいけば格安でホームステイできてしまうという事です。もちろん、ホストの方は忙しい人が多いので、運が良ければ、ですけどね。

後日、フィリピンから帰って約2ヶ月後、ホストの方から連絡が来ました。日本に来るから、一緒に晩飯食おうぜ、との事。もちろんOKです!!

しかも、晩飯、奢ってもらっちゃいました笑

今でも、この方とは連絡を取り、もう友達です。

このたった5日間のフィリピン旅行で、英語の練習をさせていただき、さらにはフィリピン人の友達までできました。僕も、日本に来た海外の方へのおもてなしを忘れずに、晩飯を奢りたいと思います笑


Airbnb には宿泊だけでなく、体験を提供するサービスもあるようです。こちらの方が、エキサイティングな体験ができるかもしれませんね!機会があれば、試してみたいと思います。皆様も興味があれば、Airbnb を利用、もしくはホストになってみては??

僕がAirbnb 使ってみた、お話でした。

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

テクノロジー
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました