【Google AdSense】【ブログ】初の申請後、たった5時間でGoogeleアドセンス審査が通ったブログの条件

テクノロジー

Googleユーザーのみなさんこんばんは!

みなさん、ググってますか??

世の中で使われてる検索エンジンはGoogleかBingのほぼ2択ですし、Googleエンジンが圧倒してますから、ほとんどの人がインターネットで調べものをするときはGoogle大先生に聞くことでしょう(ちなみに、YahooもGoogleのエンジンと同じです)

さて、今回はこのブログの広告の話です。

ブログやアフェリエイトをしている方には、Google AdSenseはおなじみですよね。

Googel アドセンスとは自分のWebサイト(ブログ、ホームページなど)に広告を掲載することで収益を得ることができる広告配信サービスです。

Google アドセンスを使って自分のサイトに広告を張るには、Googeleアドセンスによる審査をクリアしなければなりません。

審査が通ってはじめて、広告収入の扉が開かれるのです!!

このページにもある広告は、Googleアドセンスによってつけられています。

審査自体はいつでも申請可能ですが、申請しているひとのなかには何度も申請しているにもかかわらずなかなか通らない人や、一方で1度の申請でクリアする人、また審査期間が一か月かかる人もいれば、翌日に合格通知が届いたひともいるなど、様々です。

この事態によって、ネットではアドセンス審査の判断基準をめぐる論争が起きています。

記事数が多いとよいとか、記事数は関係なくて、サイトの運営期間の要因が大きいのではないか、記事の文字数は最低3000文字はいるなど…様々な意見と体験談がネットに転がっています。

僕のブログが初審査で一発合格し、審査期間が5時間程度だったことをTwitterでつぶやいたところ、反響が大きかったので記事にしようと思いました。

そこで今回は、一つの参考として僕のGoogleアドセンス審査通過時のブログ状況をまとめたいと思います。

Googleアドセンス申請時のブログ状況

  1. 申請日:2019年1月中旬
  2. 記事数:21
  3. 1記事あたりの文字数:平均800文字(400∼2000文字とバラバラ)
  4. ブログ運用期間:開設から2週間
  5. PV数(サイトを観た人の数):4(ほどんどが自分)
  6. 更新期間:1日に平均1.5記事(毎日最低でも1記事)
  7. ブログの見栄え:見出しがモノクロなど、あまりよくない
  8. プロフィール:あり
  9. 内容:大学院入試の体験談や日常の雑記など(当時はほとんど理系チックな記事は無かった)
  10. 独自ドメイン:あり
  11. NGワード:なし(たぶん)

つまり、記事数は21と少なく、開設から2週間とサイトとして若く、PV数もほとんどない。

さらに、当時は見栄えには全く気を使っておらず(今もですが!)、こんな記事だれも見ないだろうな…という感じでした(ただ、内容は自分的には濃かったと思います)。

申請をしているほとんどの方が、これらの事項を満たしていると思います。しかしながら、読みやすく内容もよい記事を書いた、そんなひとでも数十回も落ちた人がいるのは何故でしょうか?

考えられるとしたら、プロフィール画像の有無ですかね?

プロフィールは載せたほうが審査が通りやすいと聞いたので、申請日に急遽足しました。

5時間で審査が終わったというのは、単にGoogleアドセンスサイドの都合の問題だと思います。

審査時間が人によって違うことと、PV数や記事数、文字数のみで判断がなされていないように思われることから、審査はロボットだけではなく人も行っているように思われます(もちろん、PV数などのパラメータを考慮に入れているなら部分的にロボットがやっている)。

感想

正直、なかなか審査には通りづらいと聞いていたので一発で合格したのは嬉しかったです。

今回のことを受けて、僕的には基本的になことができているサイトならば、すべて通る気がします。

しかし、人間が見ているならば記事の内容を理解しているということなので、やはり質の高い内容を書くことが審査を通るうえで重要なのかもしれません。

今日はここまで!閲覧ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました