【5Gとは】2020年以降に訪れる新時代の技術「5G」の4つの特徴についてわかりやすく解説!!

テクノロジー

みなさんこんにちは!

2020年での商用化・実用化を目標としている技術として、「4K・8K放送」、「自動運転技術」そして「5G」があります。

「4K・8K」はテレビ画像の画質向上に関係し、「自動運転」はドライバーが運転くてもよくなると想像しやすいとは思いますが、「5G」と聞いてもピンとこない人も多いと思います。

そこで本日の記事は、最近よく耳にする「5G」についてです!

この記事では、なるべくわかりやすく

「5Gってなに?」

「5Gの特徴は?」

が分かるように解説します!!

5Gとは

5Gとは、第5世代移動通信システムのことです。

読み方は一般的に「ファイブジー」ですね。

5Gの「G」は「Generation(世代)」のGです。

「第5世代」というだけあって、今までには1G,2G,3G,4Gの通信技術がありました。みなさんのスマートフォン画面の上部に、「4G」と表示されていませんか?それは、5Gの一つ前の世代の通信規格のことです。

5Gは通信システム技術なので、通信に関係するものすべて、すなわち社会全体に貢献します。

5Gの目指すところは、「2020年代社会を支えるのモバイルネットワーク技術」です。

現代社会では、スマートフォンをはじめ、通信技術は欠かせないものとなっており、2020年ごろには今よりもさらに「通信が必要となる社会」になります。

2020年には現在の1000倍もの通信が使われる(正式には*通信トラフィックが1000倍)と予想されており、現在の通信技術では限界があります。

現在の4Gまでの通信のままでは、通信の部分で「滞り」が生じてしまうので、そこで「新技術」5Gの開発・実用化が必要なのです。

つまり、2020年以降の社会では5Gの技術は欠かせないのです。

さらに5Gを活かした新技術(IoT化、自動運転など)も生まれると予想されています。

*トラフィックとは、「ネットワークを流れる情報量」のこと。

5Gの特徴

では、5Gは今までの通信技術とどう違うのか?

5Gの特徴は大別すると

「超大容量」「超高速」「超低遅延」「多接続可能」

の4つです。

これらについて一つ一つ見ていきましょう。

超大容量

『たくさんのデータを送れること』を意味します。

2020年では、情報量(トラフィック)が現在の約1000倍ほどになると予想されており、その増大に耐えうるネットワーク容量が必要となります。

5Gでは、大容量化をなるべく低コスト・低消費電力で実現しようとされています。

つまり、5Gでは現在使わている4Gよりも容量が1000倍以上ということになりますね。

超高速

『データの移動速度が速いこと』を意味します。

5Gでは、データ通信が高速化されます。そのスピードは現在の*100倍といわれています。

超高速な通信によって、よりスムーズな通信が可能になります。

これら「超大容量・超高速」によって、ストレスなく動画などを楽しむことができます。

「4K・8K放送」の手助けにもなります。

「超大容量・超高速」は今の通信を強化するものであり、単にバージョンアップしただけですが、

次に紹介する「超低遅延・多接続可能」は未来の新技術に向けて必要となります。

*5Gは下り最大20Gbps以上・上り最大10Gbps以上を目標としている。

超低遅延

『データの応答が速く、ラグが少ないこと』を意味します。

つまり超低遅延とは、「データを送った時に、素早くそのデータが出発したり、反応する」ということです(データのスピード(高速)とは異なります。超高速はスピードで超低遅延は応答速度。)。

これにより、よりリアルタイムな通信が可能となります。

自動運転では周りの環境を素早く察知する必要があるため、この超低遅延化により自動運転が可能になったり、他にもタイムラグの少ないVR動画配信が可能になったりします。

現在の通信規格では無線区間で片道5ミリ秒の遅延ですが、5Gでは片道1ミリ秒以下を目指しています。つまり、実現すれば遅延は約5分の1になります。

多接続可能

『いろいろなデバイス(スマートフォンやスマートスピーカーなど)に同時に大量接続できること』を意味します。

2020年以降では、スマートフォン・スマートスピーカーだけでなくスマート洗濯機、スマートテレビなど様々なスマートデバイスが普及すると予想されており、それらのデバイスを同時に扱うには「多接続」する必要があります。

たとえば、スマートフォン1つでいろいろなスマート家電を操作する際に不可欠です。

このような色々なものがコンピュータ化され、スマートデバイスになる考え方を*IoTと呼び、注目を浴びています。

現在でも、テレビをスマートフォンから操作したりできるものがありますが、それはWi-FiやBluetoothなどを経由しており、本当の意味で多接続されたIoT化とはいえません。

他にも、この「多接続」は自動化運転やスタジアムなどで大人数がデバイスを同時に使う場面(審判目線の動画をリアルタイムで配信など)でも活躍しそうです。

5Gがあることで、2020年の社会は一層変わったものになるでしょう。

*IoTとは、 Internet of Things(物のインターネット)の略で、コンピュータ化された物をインターネットでつなぐ考え方である。

5Gの工夫(周波数)

電波は周波数が高ければ情報量は多いが、障害物に弱く、遠くまで伝達できません。

反対に、周波数が低ければ情報量が少ないが、障害物に強く、遠くまで伝達できます。

つまり高周波数の通信では大容量・高速通信にともなって必要な周波数帯に適していますが、一方で障害物に弱いので、安定した移動通信には適さないです。

そこで5Gの開発では低い周波数と高い周波数を組み合わせて(使い分けて)実現を目指しています。

実用化はいつか??

現在の日本では、ほとんどが4Gまでの技術が使われています。

日本で5G技術が使われるのは早くても2020年以降とされています。

韓国、アメリカ、ヨーロッパでは2019年もしくは2020年に本格的に普及される予定で、すでに5G対応のスマートフォンが開発され、販売されています。

日本も素早く「超低遅延」でこの流れに対応したいですね!!

まとめ

5Gは「4K・8K」「自動運転」のようにある特定の技術ではなく、それらの技術を含めた2020年以降の社会全体の土台となる技術というわけですね。

2020年、楽しみになってきました。どんな世界が待っているのでしょうか??

【参考】

・NTTdocomo https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/lecture/5g/index.html.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/lecture/5g/index.html

・IT media Mobile https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1811/17/news012.html

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で多数の映画見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

テクノロジー
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました