3Dプリンタに花王ヘアケープを使ったら剥がれにくくなるのは本当だった

テクノロジー

3Dプリンタを買いました.

購入した3Dプリンタは,ダヴィンチ1.0 proってやつです.

かなり大きく,物体をスキャンしてデータ保存して3Dプリントする機能もついているという,高機能製品です.

さて,3Dプリンタを使うのは初めてだったので,ポチっとボタンを押せば簡単に好きなものが出来上がるイメージがあったのですが,甘かったです.

マニュアル通り普通にやっては,上手くできない(笑)

最初は順調な時も,最後の方に形がぐちゃぐちゃ~ってなり,かなり困りました.

ぐちゃぐちゃ~

挙句の果てには,3Dプリンタのノズルを詰まらせて故障させてしまうという...(何とか直しました)

3Dプリントが上手くいかない理由

3Dプリンタで造形が上手くいかない理由のひとつとして,『3Dプリンタのステージ(プラットフォーム)とフィラメント材料の接着が上手くいかず,フィラメントが離れてしまい,形が無惨な姿になる』というものがあります.

つまり,上の写真の底の部分がステージから離れてしまい,不安定になってぐちゃぐちゃ~ってなるのです.

接着が上手くいかない理由をネットで調べると,「ステージが水平でない」や「温度が低すぎてフィラメントがくっ付いてない」などがありましたが,3Dプリンタのキャリブレーション機能を使って水平にはしていたし,温度も勝手に調整してくれるので,それが主な原因ではない気がしました.

もっと他の方法で,無理やり引っ付けるくらいしないといけない気がしました.

解決方法

「普通に,接着剤とかをステージにぬっとけば良いんじゃね??」と思っていたところ,この記事を見つけました.

【最終話】3Dプリントする際に知っておくべきこと、注意すべきこと
中野ブロードウェイにある「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」のN店長と大学生Y君との交流を通じて、パーソナル3Dプリンタを使いこなすためのハウツーを解説する連載。最終回となる今回は、3Dプリントする際に、絶対に知っておきたいこと、注意すべきことを紹介します。

なんと,のりとかよりも『ヘアケープ』を塗ると良いとのこと.

なので,さっそく記事でおすすめされていた花王のケープ(スーパーハード)を買いに行きました.

こちらです.薬局で300~400円くらいで買いました.

これを,3Dプリンタのステージにふわっと吹きかけて,プリントを実行してみると…

全然剥がれない!!!!

完璧に作ることができました.

特に剥がれやすい形の以下のようなものも,難なく作ることができました.

完璧に作れたやつ

注意点

でも,今度は「剥がれなさすぎる」んですよね( ´∀` )...

なので,取るときに少し苦労します.

場合によっては,出来上がったものを取るときに,ステージを傷つけてしまいます.

なので,吹きかけすぎには注意です.少し離して「ふわっと」かけるのがコツです.

もしくは,スーパーハードではなく,以下のような「もう少し弱いヘアケープ」を使うとちょうどいいのかもしれません.様子を見て,試してみようと思ってます.

髪を整えるのに使えるので,あっても困りませんからね.

※結局,今は普通のスティックのりを使っています.十分くっ付くので( ´∀` )

話題の映画やアニメを見るならU-NEXTがおすすめです!
今なら31日間無料で見放題!!
無料体験中に忘れずに解約すればお金はかかりません!
キャンペーン終了前にお早めの登録を!!
※筆者も利用しました( ´∀` )

テクノロジー
理系リアルタイムをフォローする
理系リアルタイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました